肌寒いですね

梅雨に入ってから肌寒いですね。

昨日も今日も半袖で過ごすのはキツかったので、長袖や上着を羽織っていました。体調にはくれぐれもご留意下さい。予報では、明日は晴れ間もみえるようです。

改元から1ヶ月半ほどが経ちました。「令和」に込められた願いとは裏腹に全国的に痛ましい事件や事故が続発している気がします。複雑な世の中の今、いろんな背景があるからでしょうが、これ以上は起こってほしくない、そう思います。

明日は夕方から横手地区少年保護育成委員会の役員会があります。団体の目的は文字どおり、少年の非行防止や保護です。私もできる範囲で地域での事件や事故の抑制のために関わっていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 肌寒いですね はコメントを受け付けていません。

日米関係

唐突に実現した安倍首相のイラン訪問。どうやら、緊張関係にあるアメリカのトランプ大統領に「シンゾー、行ってくれ」と仲介を頼まれたからみたいです。日米の、いや首脳間の信頼関係の証と言われれば、まあそうなんでしょうが私にはただの“お使い”にしか見えませんでした。

周到な準備もなく行ったようなので、ロハ二大統領や最高指導者のハメネイ師との会談は成果も乏しく、タイミングの悪いことに訪問中にホルムズ海峡付近で日本のタンカーが何者かに攻撃されたりと首相はとても苦い思いをして帰国したことでしょう。

「日米関係は今、最高の状態にある!」と安倍外交を持ち上げる識者が多くいますが、本来、外交というのはお互いが対等な立場で行うものです。

しかし、先日の日米首脳会談の際に貿易交渉についてのトランプ大統領の「8月に非常に良い結果が出るだろう」という発言。参院選まで待ってやるからわかってるだろうな!という高圧的な姿勢でわかるように、まだ日本がアメリカに付き従っているだけという現実は否めません。これのどこが最高の状態なのか私には理解できません。

これで日本は自立した国といえるのか?いつまでアメリカの呪縛は続くのか?モヤモヤした日々は続きます。

P.S.ただし、私はアメリカのブランドは好きです。

 

カテゴリー: 未分類 | 日米関係 はコメントを受け付けていません。

請願の審査

北海道日本ハムファイターズの吉田輝星投手が一昨日の一軍デビュー戦でプロ初勝利を挙げました。

カープの強力打線に対し、ストレートで真っ向勝負。5回1失点は見事です。コンディションは良かったのでしょう、ボールにキレがありました。彼はやはり先発型。立ち上がりに難がありますが確実にクオリティ・スタートができるピッチャーだと思います。

さて、6月定例会は各常任委員会・分科会が終わりました。二日かけて開催された厚生常任委員会は今日、「幼児教育無償化に伴う給食材料費に関する請願」の審査を行いました。

これは、横手市社会福祉協議会保育所経営者協議会が佐藤忠久議員と塩田勉議員を紹介議員として提出したもので、要望は「3歳以上の全家庭の給食材料費を無償化していただきたい」、「それが難しい場合、給食材料費の徴収は市で行ってほしい」の2点でした。

ご承知のとおり、10月に予定されている消費増税に合わせ、幼児教育の無償化が決まっています。しかしながら、給食材料費はその対象から外れることから保育所が給食材料費の徴収を行うことになります。

今回の請願はそういった背景からされたもので、今日は請願者の代表と紹介議員の4名をお招きして説明と質疑応答を行いました。その後、市当局とも議論しました。

請願者がポイントとして挙げた「食育の観点から“給食”を守りたい(自由化、過当競争を防ぎたい)」、「徴収業務の煩雑さ」、「横手市が率先して無償化を行うことによる効果」についてはうなずけるものがありました。

ただ、無償化が難しい場合の給食材料費の徴収はそれが法令上、私債権となるため行政が行うことはかなり厳しいという現実も明らかになりました。私としては「願意は妥当」という想いを強く持ちながらも、ここの部分が引っかかってしまいました。他委員も概ね同じような考えであり、7月に行われる県の説明会を経た上で改めて判断した方が良いとの結論に至り、厚生常任委員会としては「継続審査」とすることとしました。

他の常任委員会では産業建設でゆっぷる、さくら荘、ゆとりおん大雄の直営温泉施設の利用料金を値上げする関係条例が可否同数となり、菅原正志委員長が「否決すべきもの」としたようです。

19日(水)の最終日に各議案の採決が行われます。

 

カテゴリー: 未分類 | 請願の審査 はコメントを受け付けていません。

広報広聴委員会

二日間の一般質問が昨日終わりました。今回は7名がそれぞれの視点から市当局に提案したり、改善を促したり、厳しい指摘をしたり・・・と論戦に挑みました。私は自席でうなずいたり、首を傾げたり、唸ったりしていましたが、今定例会に上程された議案の賛否を決めるのに大変参考になりました。

昨日は本会議後に広報広聴委員会が行われました。議会広報委員会から衣替え(格上げ)した広報広聴委員会が設置されてから4年が経過しようとしています。この間、広報と広聴の分科会でそれぞれ活動していましたが、ここらで久しぶりに一堂に会して意見交換や今後のあり方を議論しようよ!という趣旨でした。

広報広聴委員会設置に至るまでの経過を議会事務局が説明してくれました。平成25年当時、議会広報委員長だった私は仕事を進めていく中で、議会内で“広報”が軽んじられているのではないかと感じ、委員会内で協議をし、議会に「議会広報の常任委員会化」を求めました。

その時は結論は先送りされたのですが、直後の改選を経て当時の木村清貴議長の肝入りで議会改革に関する特別委員会が設置されました。私は副委員長を拝命し、その中で議会広報委員会のあり方を山陽小野田市議会や防府市議会での先進地視察を踏まえながら議論しました。

そして、平成26年12月定例会で播磨博一委員長が調査結果を報告し、その1年後の平成27年11月に佐藤忠久議長の下で常設の特別委員会という位置付けで広報広聴委員会が設置されました。

説明を聴きながら、熱い議論をしたなあ・・・と懐かしさが込み上げてきました。おかげさまで設置以来、特に昨年あたりから広報も広聴も活発な活動を展開していて、昨日はお互いの働きをリスペクトする発言が相次ぎました。良かったな、と本当に思います。こうみえて奥ゆかしい性格の私ですが、この広報広聴委員会については、設置のきっかけをつくった!と自負させて下さい。これからも、がんばりましょう。

今日は午後から議会改革推進会議。明日から各常任委員会・分科会が始まります。あ、今夜は吉田輝星投手の一軍デビュー戦ですね!

P.S.一昨日は議会日程を終えてから秋田市へ。情報労連・NTT労組主催の「政策・制度の実現に向けた決起集会」に出席しました。参院選に向けてガンバロー!

 

カテゴリー: 未分類 | 広報広聴委員会 はコメントを受け付けていません。

やり直すべき!

昨日の衆議院本会議で丸山穂高議員に対する糾弾決議案が全会一致で可決されました。あまりの言動の酷さに与野党が歩み寄った結果です。

丸山氏本人や採決を棄権した自民党の小泉進次郎厚生労働部会長の「議員の出処進退は自分で決めるべき」という指摘はその通りだと思います。けれども、国会(衆議院)がそれに属する人間の発言や行動に対して意思を示すことは必要ですし、「自分で決める」と言うのなら、常識人であればとっくに辞めているはず。丸山氏は一からやり直すべきです!

そして、イージス・アショア。配備候補地の適地調査でデータに誤りがあることが判明しました。まあ、安倍政権としてはいつものことですので驚きはしませんでしたが・・・やってしまいましたね、防衛省。“新屋ありき”で動いているのは周知の事実でしたが、バレないとでも思っていたのかな?だとしたら、秋田県はナメられてたんですね。

これで完全に国に対する不信感は頂点に達しました。地元に理解してもらうのは相当の時間を要すると思います。逆にスンナリいくようなら、秋田県としての矜持が疑われます。以前に書いたように、ミサイル防衛は必要です。しかし、こうなった以上は配備候補地選びは白紙に戻して、これも一からやり直すべきです!

P.S.今日は美郷町に用事があったので、昼食は「名水市場 湧太郎」内にある源八亭へ。湧太郎の入口にある池にはカメちゃんがのんびり佇んでいて、癒されました。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | やり直すべき! はコメントを受け付けていません。

一般質問日程

●10日(月)土田百合子議員(公明党)菅原正志議員(市民の会)木村清貴議員(新風の会)☆播磨博一議員(さきがけ)

●11日(火)高橋聖悟議員(新風の会)立身万千子議員(日本共産党)☆奥山豊和議員(新風の会)

☆は一問一答方式

新風の会は3名が登壇します!

カテゴリー: 未分類 | 一般質問日程 はコメントを受け付けていません。

開会

6月定例会が始まりました。初日の今日は高橋市長の所信説明や、各議案の上程等がありました。本会議での質疑で挙手したのは私を含めた新風の会の3名でした。

私は「横手市市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」のところで質問をしました。改正内容の個人市民税の部分に「ふるさと納税制度の見直し」が盛り込まれています。この制度、6月から総務大臣の指定を受けた自治体だけが適用が受けられるということに変更されました。

横手市は昨年11月・12月の寄付に対する返礼割合等が国の基準を満たしておらず、通常の指定期間が短縮されたのですが、その後に基準内に見直しています。今日の市長の所信説明では、この見直しによって寄付金額の減少が予想されるということでした。

私の質問は「では、昨年度と比較してどれくらいの減少を見込んでいるのか?」、「その減少分をカバーするための全庁的な取り組みは?」というものでした。答弁は「昨年度の約7億5千万円に対して今年度は約5億円」、「減少額は今のところ、財政調整基金でカバーする」でした。

単純に考えると、ふるさと納税の見直しによって歳入が約2億5千万円減るというのは深刻な事態です。昨年の12月定例会一般質問で私は自主財源確保の重要性についてお話をしました。ぜひ、早急に対応策を練ってほしいと思います。

来週は本会議(一般質問等)と各常任委員会・分科会。私は次回の9月定例会で一般質問を行う予定でいます。

カテゴリー: 未分類 | 開会 はコメントを受け付けていません。

横手川クリーンアップ

今日は毎年恒例の横手川クリーンアップ。晴天の下、環境美化に燃える多くの市民の皆さんが本郷第一公園に集合。

年々、ゴミが少なくなってきているのは喜ばしい傾向です。今日も私のゴミ袋は牛乳やカフェオレ等の紙パックくらいしか入らず、ウォーキング気分で心地よい汗を流しました。

水上上丁町内会はこの後、これまた恒例の小型ポンプを使っての町内会館前側溝清掃。GWに親子会が清掃済みなのでラクでした。それにしても毎年、マニュアルを見ながらの操作を繰り返していて、これでは「いざ!」という時には何の役にも立たないような・・・(-.-)

明日から6月定例会です!

カテゴリー: 未分類 | 横手川クリーンアップ はコメントを受け付けていません。

衣替え

6月に入ったので今日は衣替えをしました。とはいっても、まだ朝晩は肌寒い日があるし梅雨もやってきます。昨年は6月定例会の最終日に体調不良になるという失態も犯してしまいましたので、長袖系の部屋着は少し残しておきました。油断大敵です。

全県高校総体が始まっています。多くの3年生にとっては最後の大舞台。これまでの練習の成果を悔いなく発揮してほしいと思います。母校の男子ハンドボール部は地元紙によると今季は圧倒的な力があるとか。ぜひインターハイ出場を勝ち取ってほしいものです。

山形県で行われる春季高校野球東北大会の組み合わせも決まりました。明桜、能代、秋田中央が各県の強豪相手にどこまで食い下がれるか・・・夏を占う意味でも注目です。

カテゴリー: 未分類 | 衣替え はコメントを受け付けていません。

1ヶ月

早いもので、改元してから1ヶ月が過ぎようとしています。穏やかな時代を望んでいるのですが、先日、川崎市で「痛ましい」という表現では済まない事件が起きてしまいました。どうしたらこのような惨事を防ぐことができるのか?私には明確な「解」がまだ見つかっていません。

さて、昨日の活動をサクッと。

午前10時。第二工業団地に進出した株式会社プレステージ・インターナショナル秋田BPO横手キャンパスの市議会対象の見学会。以前、見学した酒田と同じように、明るく開放的な空間で職場環境の向上に努めている姿勢がよくわかります。

最近、県内・市内にもこのような考えに基づいてレイアウトされたオフィスが出てきました。その代表格であるプレステージ社はいい意味での「黒船」です。地元企業はどんどん真似したらいいと思いますし、横手市もそれを勧奨し、大いに支援すべきだと私は思います。

午後1時半。条里南庁舎で横手地域局の事業概要等意見交換会。公園の維持管理や地区交流センター化、各団体の事務局業務の軽減など多岐に亘る意見交換ができました。地域局職員の皆さんには日頃からご難儀をかけています。

午後3時45分。グランマート婦気店前で連合秋田の街宣。連合はこのところ、ハラスメント対策に力を入れています。そんなわけで、私もそれに沿ってお話をさせていただきました。

連合は労働組合“だけ”のための組織ではありません。働く一人ひとりのための組織です。悩み事があったら、是非ご相談下さい!

カテゴリー: 未分類 | 1ヶ月 はコメントを受け付けていません。