閉会

 長丁場の9月定例会が閉会しました。当局提案の全議案が可決・認定されました。

 私は「市営温泉の民間譲渡の進め方に疑義がある」として29年度一般会計歳入歳出決算、「見込み誤りの結果責任を問うもの」として(株)山内観光振興公社に対する債権放棄案、そして「まずは直営で」という理由で増田まんが美術館の指定管理案&今年度一般会計補正予算(第2号)の4議案に反対しました。

 補正予算に関しては高橋聖悟議員、佐藤誠洋議員と共に修正案を提出しましたが、残念ながら否決されました。同調いただいた他会派の鈴木勝雄議員、立身万千子議員、寿松木孝議員、高橋和樹議員に感謝です。

 今日は聖悟さん、誠洋さん、そして奥山豊和議員が相次ぎ討論や修正案説明に立ち、さながら「新風の会まつり」の様相でした。齋藤光司議長が「反対するなら理由を示すべきだ」と日頃からおっしゃっているので、きちんとそれを遂行した形になりました。議長も満足してくれていると思います。

 ただし、これ国政における野党も誤解されがちですが、私たちは何でも反対しているのではなく、例えば今定例会は陳情を除いた議案の9割は賛成しているという事実もお忘れなく。是は是、非は非。これが二元代表制のあるべき姿です。

 明日は地元町内会の芋の子会。夕方からは東北学院同窓会秋田県南支部の総会です。仙台であのようなショッキングな事件が起きてしまい、少し気分が重いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

4年ぶりに

 今日は決算特別委員会。4年ぶりに総括質疑の場に立ちました。


 
 与えられた30分の時間の中で、2年前に産業建設常任委員会の視察で学んできたことを紹介しながら、厳しい財政の中で雪対策費をどう有効に使っていくかということをテーマにお話ししたつもりです。

 今回は財政のプロである藤本副市長にもあえて答弁を求めました。石山副市長含めて「これは自分が答弁しなきゃな・・・」と思ったらどんどん挙手して発言してほしいです。ただ席に座っているだけではもったいないと思います。

 昨日は秋田市で連合秋田議員懇談会の幹事会でした。協議事項がたくさんありましたが、その中で来春の統一地方選の取り組みについて意見させていただきました。

 “統一”といっても秋田は県議選と秋田市議選、大館市議選です。県内にあまたいる議員懇会員のほとんどは選挙がありません。ですから、全若のように会員の立候補情報を共有して、応援に行ける体制づくりが必要では?という提案です。超党派(日本共産党除く)の全若ができるのだから、「連合」の仲間でできないはずがないと思います。

 幹事会では西日本豪雨災害のボランティア活動に連合秋田が参加している旨の報告がありました。そして、先日の北海道胆振東部地震の復旧・復興に関して横手市もむかわ町に支援物資を送り、昨日から職員3名を派遣しています。助け合い・支え合いですね。

 明日は横手中央地区(北)の敬老会に出席。明後日が9月定例会の最終日となります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

決算総括質疑通告

 19日(水)の決算総括質疑は4名が行うこととなりました。私を含め、本間利博議員、加藤勝義議員、奥山豊和議員です。新風の会は一般質問がゼロでしたが、ここにきて一気に3名が名乗りを上げました。

 私の質疑内容です。
1、雪対策費について
1)一般会計歳出決算額(支出済額)519億円という結果において、雪対策費19億円という数字の受け止めと施策の成果について伺う。
2)道路除雪における業者委託の現状と今後の方向性について伺う。

 年がら年中、雪の話題が尽きることのない横手市。雪から逃れられない横手市民。市の事業の中で最優先事項といえる雪対策について、自らの考えや他自治体の事例も紹介しながら質問します。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

秋の空

 朝晩めっきり冷え込んできました。昨夜はうっかりTシャツ1枚で寝てしまっていて、明け方に目が覚めた時には鼻がグズグズいってて大変でした。皆さん、季節の変わり目は気をつけましょう。

 さて、厚生常任委員会では昨日、意見交換会を開催して市政の重要課題についての論点整理を行いました。

 論点整理は議会基本条例に規定されている「議員間の自由討議」を活発にするための一つの運用方法としての試行です。委員からはいろんな視点での発言があり、盛り上がりました。これが当局との建設的な議論につなげていくことができれば・・・と思っています。もっとも、こちらがそれを望んでも、当局がそれに応えてくれるのかという点はわかりませんが。

 昨日で総務文教も産業建設も委員会・分科会審査を終えたようです。いろいろ聞くと、「決算の 意味もわからず 秋の空」的な質問もあったようで、当局の皆さんが苦慮して答弁する姿を想像すると気の毒だなーと思いました。

 明日は決算特別委員会・総括質疑の通告日ですが、私は昨日、議会事務局に通告書を届けました。ということで早速、建設課から呼び出しを受けたので(笑)今日は聞き取りに応じます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

論点整理へ!

 今定例会の会期の中で、常任委員会・分科会は予備日を含めて今週の四日間をとってるのですが、厚生は早々と昨日で全議案の審査を終えました。決して手を抜いたわけではなく真剣に議論をしたわけですが、条例関係や一般会計補正予算の部分が少なかったのもあったと思います。議案は全て全員賛成で認定すべき・可決すべき・採択すべきものとし、まだ少し時間があったので協議会(当局説明分)も行いました。

 審査中の総務文教や産業建設では賛否が分かれたものがあるらしく、決算特別委員会や本会議ではその議論を踏まえた上で判断したいと思います。

 ということで、厚生は今日の午後から協議会(委員会内部調整分)・意見交換会を行います。意見交換会は初の試みとして当局から出てきた組織機構再編や施設展望の“たたかれ台”について論点整理を行うものです。こののち、全員協議会で議会としての統一の論点整理をした上で当局に出席を求めて協議を行います。そして、必要であれば何回も協議を繰り返すという流れになると思います。

 ちなみに、論点整理とは「おれはこういう理由で反対だ!」とか、「こういう理由で必要だから賛成だ!」ありきで意見表明するのではなく、あくまで「この部分が議論のポイントとして重要だよね!」といったことを各々出してもらい、整理するという手法です。誤解している議員がいるかもしれませんが、厚生は私を含めて議会改革や広聴のメンバーが多くいるので大丈夫でしょう。

 今日はその前にタブレット端末活用推進会議が緊急開催されます。ちょっと問題が発生したらしいので・・・

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

決算審査開始

 昨日は秋田市で行われた情報労連秋田県協議会の定期大会に出席。懇親会もあったので宿泊しました。ホテルに荷物を預けて会場までてくてく歩いていたら「平田篤胤生誕の地」という看板を発見!



 いや~、こんな中心部にあるとは気が付きませんでした・・・

 という事で、今朝は秋田市から直行で登庁。今日から各常任委員会・分科会です。厚生は29年度の決算審査から始まりました。病院事業会計と5つの特別会計、そして一般会計は総務費~民生費の途中までいきました。私は病院事業会計で「人間ドック」について、総務費の「証明書等のコンビニ発行業務」について質問しました。明日で決算審査は終わる見込みですが、あと2つほど質問を用意しています。

 今日はお昼休憩時に議会改革推進会議、午後4時過ぎから広聴分科会もあってくたびれました!先週金曜日に建設課のヒアリングを終えてから本格的に19日(水)の決算特別委員会・総括質疑の準備に入っています。なので、今夜ももうひと踏ん張りします。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

スポーツあれこれ

 北海道胆振東部地震。このブログを書いている今現在で35名の方々が犠牲となり、なお3名が不明という状況になっています。改めて、亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された皆様にお見舞い申し上げます。そして、懸命の捜索を行っている警察や消防、自衛隊、海上保安庁といった関係者の方々のご労苦に対し、敬意を表します。

 今朝、うれしいニュースが飛び込んできました。テニスの全米オープン、女子シングルスで大阪なおみ選手が優勝し、日本人として初めて四大大会の頂点に立ちました。「日本人初の四大大会優勝」の称号はてっきり錦織圭選手が手にすると思っていましたが、大阪選手はあれよあれよの快進撃でした。おめでとうございます!錦織選手も男子シングルスでベスト4と完全復活といえそうです。楽しみです。

 復活といえば、今日が大相撲秋場所の初日です。横綱・稀勢の里が相撲人生の全てを賭けて出場します。私の願いは15日間、しっかりと土俵に上がり続けること。その先に何かがみえてくると思っています。

 昨日は南小~南中同級生の息子さんである鈴木佳偉(1年・角館)が仙六デビューを果たしました。

 6点リードの最終回に登板。暴投などもあり、1回2失点の「ホロ苦デビュー」(←父親談)となりましたが、いやいや1年生で投げるのってすごいよ。次は初勝利を目指しましょう!

 スポーツの秋、開幕ですね!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

連合秋田全県一斉クリーンアップ

 毎年恒例、連合秋田の全県一斉クリーンアップが今朝行われました。横手地区は秋田ふるさと村周辺です。天気が心配されましたが、なんとかもってくれました。

 ここ最近はあまりゴミが見当たらない傾向にあります。私は小原正晃県議と一緒に行動しましたが、今日も拾ったゴミは小原さんも私もたった一つ。単なる散歩になってしまいました。ま、歩く機会をいただいてお互いの健康にとっては良かったです。

 健康といえば私、ようやく「自分はひょっとして過食ではないのか?」という考えに至り、数日前から「あきたこまち」の摂取を半分にする取り組みを始めました(外食・出前除く)。いつまで続けられるかはわかりませんが、効果が出ればと思っています。

 昨日、車を買い替えました。

 中古です。42回払いです。私有のタブレットを解約し、生命保険の掛け金を減額し、ケータイの料金プランを見直しするなどして月々のローン金額をなんとか確保しました。末長いお付き合いをしたいと思います。

 明日は情報労連秋田県協議会の定期大会出席のため、秋田市です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

本音は?

 北海道で震度7の地震が発生しました。全道で大きな被害があるようです。台風が去ったと思ったら今度は地震。後世、「平成は災害の時代だった」といわれることになりそうですが、もうこれ以上は・・・との思いです。

 今日の本会議冒頭で高橋市長が台風21号の被害について報告しました。家屋もそうですが特に農産物の被害は深刻で、増田と平鹿を中心にりんご、洋ナシの落下と倒木が多くみられるとのこと。被害金額は概算で5800万円ですが、さらに拡大する見込みです。農家の皆さんに対してはスピード感ある対応が求められます。

 3日間にわたった一般質問が今日終わりました。昨日は土田百合子議員と菅原亀代嗣議員が「小中学校に冷房を設置することについて」というタイムリーなテーマを採り上げられました。伊藤教育長の答弁は主に予算がかかるとの理由で普通教室の設置には慎重な姿勢でした。今夏の猛暑はおそらく特異なものではなく、来年以降も続くような気がしています。子どもの命と安全を守るという行政の使命を考えれば、お金をかけてでも設置すべきだと私は思います。いずれ、しっかりと議会と当局で議論していかなければならない課題だと感じます。

 また、昨日は高橋市長の答弁で違和感を覚えたものがありました。議会に対する提案の仕方について「(議会に)決定事項で出せばご指導され、不確定事項で出せばご指導され、じゃあ我々はどうすればいいのか・・・」という愚痴のような発言でした。これ、まともに受け取れば、「議会は何も言ってくれるな」ということです。議会の役割、存在意義を否定してますよ。前日はあれほど「議会と協議をして・・・」と言ってたじゃないですか。どっちが本音なのかは今後の当局の動きで明らかになると思います。

 さて、昨日の本会議後に新風の会で集まって、先日の会派研修(各地域局廻り)の振り返りを行いました。


 まとめたものは議会基本条例に則った形で当局に回答を求めていく予定にしています。

 今日の本会議後は議会改革推進会議でした。議員間討議の運用の見直しや通年議会の導入について話し合いました。
 来週は各常任委員会・分科会です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

今日の一般質問から 

 猛烈な勢いの台風21号が北上しています。秋田県には今夜遅くから未明にかけて最接近とのことで、果樹等への被害が心配されます・・・

 さて、9月定例会は今日から一般質問が始まりました。3名の議員が登壇したのですが、先日の行政課題説明会で示された「横手市の施設展望(グランドデザイン)」と「組織機構再編」が共通のテーマでした。質疑を聴いての感想を書きます。

 まず、当局の相変わらずのスケジュール感の拙速さ。例えばJR横手駅東口の公共施設の内容を早ければ12月、遅くとも年度内には固めたいという答弁がありました。そして、組織機構再編は来年度に移行ですから12月定例会に提案してきます(←先日の行政課題説明会より)。議会や市民の皆さんと議論を重ね・・・と言いますが、そんな時間をどうやってつくるのか?市のたたき台を説明することに終始したものにならないのか?「ワークショップを・・・」という発言もありましたが、やり方を知っているのか?危惧しています。

 施設展望で示された財政シミュレーションを含んだたたき台は必ずしも全てやるという前提ではないという高橋市長の答弁でした。好意的に解釈すれば前回のアリーナ構想の提案の仕方の失敗から学んで、虚心坦懐に議論しましょう!ということだと思います。それならば、じっくりと話し合う「時間」が必要です。議会としても市民の皆さんの意見をお聴きする機会を設けたりというような能動的な動きが必要になってくるので、それをしないうちに3月定例会に具体的な予算を出してくるのはやめてほしいと思います。

 組織機構再編案はやはり、現場の声を聴かないままつくった案だということが判明しました。いま、その作業をやっているそうです。順序が逆じゃないですか。現場の意見を反映しない案なんて机上の空論に過ぎません。申し訳ないけど。現場の意見を聴き、これから議会と市民の声を反映するならば、行政課題説明会で示された案はまるっきり形を変えたものになっても構わないということだと受け止めさせていただきます。

 議会と市民の皆さんの意見を聴く。という言葉が今日、頻繁に出ました。勘違いしてほしくないのは当局が考えている案を説明して、納得してもらうことが目的ではないということです。当局、議会、そして市民の皆さんのより良いトライアングルの関係で成案を導きましょうよ!だから、時間が必要なんです。拙速な動きをしたら、また同じことの繰り返しになりますよ。

 今日は広聴分科会もありました。議会報告会・意見交換会、Y8サミット、子育て世代との懇談会について充実した話し合いができました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。