泉佐野市、逆転勝訴

ふるさと納税の新制度から除外された泉佐野市が、その取り消しを求めた訴訟の上告審判決が昨日出ました。総務省の決定は「違法」との判断です。

最高裁での判決ですので、これで泉佐野市の逆転勝訴が確定しました。以前も書きましたが、私は泉佐野市のやり方は、ふるさと納税本来の趣旨から考えるとあまりにも逸脱していると思います。それでも自らの信念で覚悟を持って国と戦った千代松大耕市長の姿勢は評価していました。執念が実ったということでしょうか。

首長としての責任、覚悟はこうあるべき!ということを千代松市長は身をもって示しました。泉佐野市は今後、新制度に参加することになりますが、きちんとルールに則って運用していくことを明らかにしています。今度はどんなアイディアで寄付額を増やしていくのでしょうか。注目してみたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 泉佐野市、逆転勝訴 はコメントを受け付けていません。

半分

6月も今日で終わり。令和2年の半分が過ぎようとしています。ほぼほぼ新型コロナに振り回された半年でした。

今日の午前はNTT労組退職者の会の皆さんとグラウンドゴルフ。雲に覆われた空でしたが、なんとかもってくれました。今季2回目でしたが、前回も今日も人並みのスコアが出せるようになりつつあります。

午後は隣町の日帰り温泉で汗を流し、お昼もそこで済ませました。その後は本間利博議員宅で横手ユネスコ協会の打ち合わせ。。雨の中をチャリで疾走する横手高校生&城南生を横目に帰宅しました。青春ですね。

飲み会にお呼ばれされましたので、これから出かけます。

カテゴリー: 未分類 | 半分 はコメントを受け付けていません。

オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない!

野球留学生の物語を読了しました。

著者がいわゆる“野球留学生”を多く受け入れている学校の取材を始めたのは平成24年の夏に全国高校野球選手権岩手大会決勝後に起きたある事がきっかけでした。

この試合のカードは盛岡大付VS花巻東。花東のエースはあの大谷翔平(敬称略)でした。試合は5-3で盛付が勝って甲子園出場を決めるのですが、試合後の優勝インタビューに答える藤田貴暉主将に対して「よっ、横浜瀬谷ボーイズ!」というヤジが飛びました。その光景を目撃した著者はそのヤジに憤りながらも、批判の多い野球留学生の真実を知るために北は八戸、南は諫早まで足を運ぶことになります。

物語は八戸学院光星から始まり、盛岡大付、健大高崎、帝京、滋賀学園、岩見智翠館、明徳義塾と続き創成館で終わります。合間に多数の留学生を輩出する大阪の中学球界や県岐阜商・鍛治舎巧監督、そして公立なのに留学生を受け入れている島根県の事情を採り上げたコラムが挟まります。

各校、生徒とも多少は事情が異なりますが、留学生を受け入れることや地元を出て甲子園を目指すことの共通点があります。それは、

①少子化の波に影響される学校経営が背景にあること。

②決して“一流”の選手を獲得するのではなく、学校や指導者に魅力を感じて入学を希望する生徒を優先していること。

③実は批判しているのはごく一部であって、彼らの日頃のがんばりを見ている地域の人々は応援していること。

④いずれ社会に出る彼らにとって、高校で日本全国から来た仲間と知り合い切磋琢磨することはプラスになること。

⑤卒業後にいったん離れても、また戻ってきてくれるケースがあること。というか、野球留学してくる時点で彼らは「関係人口」になっていること。

あの帝京が名門復活を賭けて関西からの留学生を受け入れていることや、全国優勝した明徳義塾中の選手の多くがそのまま明徳に上がらずに他校に進学してしまったという名将・馬淵史郎(敬称略)の嘆きなど、私にとっては「そうだったのか!」という驚きに満ちた発見もある本でした。

それにしても、物語の前半に改めて感じたのは大阪を中心とする関西や北関東、東北に張りめぐらされた東北福祉大OBネットワークの強力さです。福祉大は日本球界の一大勢力といっても過言ではないでしょう。

物語の締めは盛岡でヤジを飛ばされた野球留学生が今、電気工事士のかたわらプロのキックボクサーを目指し、そして起業も視野に勉強を始めている姿を記しています。野球留学に懐疑的な方々にも読んでいただきたい一冊です。

今日からはこれを読みます。

カテゴリー: 未分類 | オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! はコメントを受け付けていません。

びっちりと

昨日は予定がびっちりの一日でした。

まず、午前9時から広報分科会。議会だよりの全体での最終校正とあって、目を皿にして全ページをチェックしました。7月15日発行の今回は表紙が斬新なものになっています。お楽しみに。

午後1時半からは議会改革推進会議。各委員がまとめた年間活動量のデータをもとに、適切な議員報酬を算出するための方策や、今後の進め方を協議。ピッチを上げて会議を開催していく方向となりました。さらに忙しくなりそうです。

その後は横手かまくらFM「もっと教えて!横手市議会」の収録。広報分科会を代表して議会だより発行の紹介をしました。放送日は7月13日(月)午前10時40分~、再放送は翌14日の午前7時30分~です。諸事情により、期間限定メガネ使用中です。

退庁し、午後5時から今年度最後の横手ライオンズクラブ理事会→例会。そんなに酔わないで帰宅しました。新年度となる来月からは大変な役割を与えられます。務まるでしょうか・・・

今日からしばらく雨の日が続くようです。

カテゴリー: 未分類 | びっちりと はコメントを受け付けていません。

広報分科会

暑い一日です。今日は午前9時から正午までビッチリ広報分科会でした。主に議会だよりの校正。今回から担当の印刷会社さんが変わりましたが、前回同様いい感じに仕上がりそうです。

お昼は出前の担々麺(ねり胡麻風)。じんわりと汗をかきながら美味しくいただきました。注文してから思い出しましたが、日付が今日になった直後にもラーメンを食べていたような・・・(笑)

午後は久しぶりに連合横手湯沢地協の事務所に寄って、よもやま話を1時間ほどしました。そういえば国政では秋にも解散総選挙か!と賑やかになりつつあります。

議会だよりは明後日が全体での最終校正日。今日と同じく午前9時に集合します。

カテゴリー: 未分類 | 広報分科会 はコメントを受け付けていません。

NPB開幕!

約3ヵ月遅れ、待ちに待ったNPBが昨日、開幕しました。当面は無観客試合ということで歓声のない中でのプレーとなりますが、各球場で盛り上げるための工夫がなされていました。

私はBSで東京ヤクルトVS中日を観戦。降雨のために時々、放送エラーが出ましたが(泣)40歳、9回目の開幕投手を射止めた秋田商OB・石川雅規投手が雨中の粘投で5回3失点でした。テレビ中継は終わってしまいましたが金足農OBの石山泰稚投手も9回のマウンドに立ち、キッチリと抑えたようです。その後、延長戦の末に東京ヤクルトは敗れましたが秋田県人としては満足感のある一戦でした。

今季は120試合に短縮され、序盤は基本的に6連戦ということで選手層の厚いチームがスタートダッシュに成功してそのまま突っ走るという形になりそうです。そうなれば、パは福岡ソフトバンク、埼玉西武。セは讀賣、横浜DeNAあたりでしょうか。まあ、私の予想はあまり当たりません。東北楽天は戦力充実でダークホースですが、阪神は昨夜の相変わらずの貧打ぶりをみると(-.-)

球場に多くのファンが詰めかける。そんないつもの光景が早く戻ってくることを願いながら、NPBを楽しみましょう!

カテゴリー: 未分類 | NPB開幕! はコメントを受け付けていません。

閉会

6月定例会が昨日、閉会しました。本会議での採決は分かれたものが多くありましたが、結果的に市当局が提案した全議案を可決しました。

民間譲渡した「さわらび」、「ゆーらく」が市に返還されることによって発生する維持管理費を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案(第4号)について、私は賛成はしましたが正直なところ、いまだ釈然としない気持ちが残っています。このような事態になった結果責任を高橋市長が何らかの形でとるべきだと私は思いますが、それは政治家としてご自身が判断されることですから・・・

総務文教常任委員長報告は今回も長めでした。休会日に協議会を開き、委員間で意見交換したからこそだと思います。次回以降も委員会・分科会前にそういった場を設けることができればと考えています。

昨日の本会議冒頭、勤続10年ということで全国市議会議長会からの表彰状をいただきました。お支えいただいた先輩・同僚議員、議会事務局職員をはじめ、多くの方々に心からの感謝を申し上げます。これからも真摯に市政に取り組んでまいります。ありがとうございます。

カテゴリー: 未分類 | 閉会 はコメントを受け付けていません。

急浮上\(◎o◎)/!

一瞬、何かの間違いではないかと思うほどビックリしました。今日、早大マニフェスト研究所による「議会改革度調査2019」の総合ランキングが発表され、横手市議会は前年度の255位から一気に14位にジャンプアップしました。秋田県内でみると、2位の湯沢市議会が154位なのでダントツですし、東北でも奥州市議会の9位に次ぐ順位となりました。

先週、分野別ランキングが発表されており、そこでは情報共有39位、住民参画29位、機能強化21位でしたので大幅に順位が上がるのは予想していましたが、ここまでとは!

急浮上の理由は様々あったと思いますが、私としては広報広聴機能が充実した活動を行ってきたことが大きかったと考えています。何はともあれ、この結果を励みにさらなる議会改革に取り組み、市民の皆さんに評価いただける組織になりたいと決意を新たにしています。

今日は広報分科会がありました。横手かまくらFM「もっと教えて!横手市議会」の今後の放送内容協議と議会だよりの校正作業を行いました。

明日は6月定例会最終日ですが、いろいろあるようで、9時から全員協議会の日程が入りました。いつもより早めの登庁となります。

カテゴリー: 未分類 | 急浮上\(◎o◎)/! はコメントを受け付けていません。

イージス・アショア配備計画停止

思わず「おぉっ」と声を挙げてしまうほど超ド級の見出しでした。秋田魁新報社がいかにこの問題に力を入れていたのか、よくわかります。

昨日の夕方、河野太郎・防衛相が地上イージス(イージス・アショア)を秋田県と山口県に配備する計画を停止すると発表しました。「停止」という表現がよくわかりませんが、白紙に戻ったと理解していいのではないでしょうか。

そもそも、トランプ大統領に「シンゾー、買ってくれ」と言われてホイホイと承諾し、じゃあ、どこかに配備しないと!ということから生まれた計画なので、このような結果になって良かったです。私は専守防衛からはみ出さない形でのミサイル防衛は現実的なものだと考えていますので、ぜひ本質的な議論をきちっとやっていただきたいと思います。

それにしても、河野氏は英断でした。率直に非を認めたことで、次期の党総裁→首相候補として評価が上がったのではないでしょうか。安倍首相の求心力が低下する中、「次」の方々の動きにも注目です。

P.S.北秋田市のプレミアム商品券、すごいですね。

カテゴリー: 未分類 | イージス・アショア配備計画停止 はコメントを受け付けていません。

「あの」が多い

昨日は議会報告「清新」の原稿書きに時間を費やしました。かなりはかどりまして、残った大半は最終日の結果を待って書く部分となりました。

ところで、一般質問の部分を書くために録画を観てみましたが、気になることが・・・私、再質問で「あの」をやたらと連発しているのです。「あの~」ではなく、「あの」です。それにつられたのか、伊藤教育長の再答弁も「あの」が多かったです。すみません。

「あの」に代表される場つなぎ表現は決して悪いことではないようですが、それにしても今回は多かったなあ。自分でも意識はしていないのですが。今後、気をつけます。

カテゴリー: 未分類 | 「あの」が多い はコメントを受け付けていません。