大学野球

 先日の明治神宮野球大会・大学の部で日本体育大が37年ぶり2回目の優勝を果たした。日体大野球部OBで住宅メーカー時代の後輩・J君(盛岡市在住)が「ヤバイです。優勝しちゃいました」と大喜びのメールをよこしたが、羨ましい限りである。

 ここ最近の仙台六大学野球リーグは東北福祉大と仙台大が交互に優勝しているかんじで特に仙台大の勢いがすごい。ということで、母校の東北学院大はここ10季(5年)ばかり優勝から遠ざかっている。

 しかしながら学院大はTDKからプロ入りした本荘高出身の仁部智(広島東洋)から始まり、星孝典(読売~埼玉西武)、岸孝之(埼玉西武~東北楽天)、伊藤祐介(福岡ソフトバンク)、本田圭佑(埼玉西武)、そして今年のドラフトで北海道日本ハムから指名された鈴木遼太郎とプロ選手を輩出している。特に星以外は投手ということで、その育成には定評がある。

 先日、学院大の推薦入試の合格発表があり、もう公表してもいいと思うので書くのだが、その中に南小~南中の同級生の息子さんが入っている。実名は避けるが、角館高でエースとして活躍した選手である。こりゃ、楽しみこの上ない。

 故障に注意してまずは仙六のマウンドに立つこと、その後はリーグ優勝、全国大会勝利、そして、またその上を目指していってほしいと思う。

 応援します!

P.S.11月にしてはすごい雪が降っています。っていうか、積もってます!私は今日、衣替えしました。まだの方はそろそろ冬支度を!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

気仙沼

 プライベートを兼ねて気仙沼市に行ってきた。市議選が終わったら訪問する、という幼稚園から高校まで一緒だった友との約束であった。横手から高速を使って約2時間半。一昨日の夕方着いて、昨日の夕方に帰横。

 気仙沼市は宮城県の北東の端、太平洋沿岸に位置している人口約6万人の街。宮城というより、岩手県といった感覚がある。そして、気仙沼湾を囲んでいる地形も特殊である。

 東日本大震災では皆さんご承知のとおり、気仙沼も津波による死者・行方不明者が1200人超という甚大な被害を受けた。産業の主力である水産業の施設も軒並み津波にもっていかれ、被災家屋も全体の4割に達した。

 昨日の午前は案内をいただきながら、復興状況を視察する機会に恵まれた。
 安波山からみた気仙沼市街の全景。

 この写真の黄色の点線内が被災した(拡大して確認してください)。

 今、力を入れている復興事業が八戸と仙台を結ぶ三陸湾岸道路のうち、気仙沼道路に架かる(仮称)気仙沼湾横断橋の工事である。震災前から構想はあったものの、あまり進んでいなかったものだが、震災後に「復興道路」として、平成23年度中に事業化されたものである。

 気仙沼横断橋は気仙沼港ICと大島IC(ともに仮称)を結ぶ斜張橋であり、その長さは680mと東北最大になる予定とのこと。今は橋桁が完成している段階である。

 この写真の真ん中くらいにみえるブルーシート(拡大してください)のあたりが大島ICになる予定。

 震災後の観光拠点としてつくられた「海の市」。昨日も観光バスが数台停まっていて、団体客が訪れていた。

 外壁には津波の高さを表示していた。

 東北人として、東日本大震災は決して忘れてはならない。しかしながら、日常を過ごす中でフッと忘れてしまう瞬間もある。それを防ぐためにも、そして教訓を得る意味でも今後は定期的に被災地を訪問したいと思っている。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

身体障害者福祉大会→厚生常任委員会協議会

 「第10回横手市障害者福祉大会」が今日の午前、さかえ館で開催され、出席しました。毎年、厚生常任委員会のメンバーがご案内をいただく行事です。

 連合会会長表彰、体験発表などに続き、<障がいの有無に関わらず、お互いを尊重し支えあいながら、誰もがいきいきと暮らすことのできる共生社会実現のために一致団結することを誓う>大会宣言(案)と大会決議(案)を満場の拍手で採択し閉会しました。

 午後は厚生常任委員会協議会。障害者支援施設(大和更生園・ユーホップハウス)の指定管理者の公募、介護保険事業計画及び高齢者福祉計画の答申、市営墓園整備構想など多岐にわたる案件を協議しました。

 ということで、今日は「厚生の委員になった!」ということを実感する一日となりました。

 明日の午前は議員懇談会があります。公共温泉施設の民間譲渡について当局から説明があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

広聴機能を超変革!~Y8サミット創快横手市議会に思う~

 昨日は市内の各中学校から選出された中学生議員の晴れ舞台、「Y8サミット創快横手市議会」が開かれました。今年で第4回目です。各校が「マナーアップ」のテーマで取り組んだ事業報告を行い、その後に三校が市長に対して代表質問をするというスタイルでした。

 まずは、開催に向けて尽力された関係者の皆さんと中学生議員に敬意を表します。中学生議員の発言、そして態度は大人の私たちも見習わなければならない立派なものでした。意義のあるものだったと思います。

 一方で、私はこのスタイルが続くとすれば形骸化する恐れがあるなとも感じました。1回目と2回目は私たち(議員)がいろんなテーマにそって中学生に質問するというスタイルをとりました。しかし、昨年からは私たちはほぼ何の関わりを持たずに当日、委員会で傍聴するという事になりました。

 昨日の委員会室。

 閑散としています。数名は傍聴席にいたらしいですが・・・すでにいろんな予定が入っていて出席できなかった方は理解できますが、この出席率の低さが「関わっていない」という現実を物語っています。

 これじゃダメです。このY8サミットに私たち議会も積極的に関わっていかなければ!と強く感じます。そのためには普段から議会が中学校そして高校に対していろんな角度からアプローチしていくことが大切です。そして、それは横手市の未来を背負うであろう将来世代に議会に関心を持っていただく方策でもあります。

 今任期の前半、広聴分科会に所属しました。ヒラ委員ですが、この分科会でぜひ議会と中高生との交流が実現するような仕組みをつくっていきたいと思っています。副分科会長の立身万千子議員とも先日、ちょっと話をしましたが意見が一致しました。そして、また従来の議会報告会とは違った形で市民の皆さんと率直に意見交換できる場というのも考えていきたいと思っています。

 市民の皆さんと議会の距離を縮めるために広聴機能を超変革!です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

おゆうぎ会

 実は私、この秋から母校である学校法人土屋幼稚園の評議員を務めています。といっても、就任後初の理事・評議員会は市議選の直前だったため、欠席しました。

 今日は土屋幼稚園・保育園の「おゆうぎ会」があり、ご案内をいただいていたので少しでもその務めを果たすべく、お伺いしました。いやはや、卒園以来ですから約40年ぶりに園舎に入りました。ほとんど変わってなく、懐かしさが込み上げてきました。

 園児時代のことで覚えているのは、芋ほりで自分のサツマイモが消えていたり、部屋の窓ガラスに突っ込んだり、行方不明になったりといったことばかりで、楽しかったはずだったおゆうぎ会や運動会のことはさっぱり覚えていません(^^;)

 園舎は建て替えが計画されていて、タイミングとしては今年が現園舎での最後のおゆうぎ会になるかも、という事でした。そんな意味でも今日はお伺いして良かったなと思いました。園児の皆さんの一所懸命な姿に元気をいただいて楽しいひと時を過ごしました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

秋田県中核充てん所等実地訓練

 県LPガス協会主催の「中核充てん所等実地訓練」が昨日行われ、ご案内をいただいていたので、参観してきました。会場は㈱山二の横手充填所です。秋田県沖を震源とする震度7の地震が発生し、直後から全域的な停電、通信網、交通網が遮断され、復旧見通しは不明という想定です。

 その中で、中核充てん所を持つ山二さんでは市内の同業他社の協力を仰ぎながら、施設点検やガス発電機の稼働、情報収集、そして市の災害対策本部から発令された市内避難所へのLPガス供給要請に対応するという訓練概要でした。




 この訓練は平成26年から毎年、県内にある3ヶ所の充てん所持ち回りで実施しているそうです。東日本大震災以来、頻発する災害に対応するべく、ライフラインに直結する業界団体がこのような取り組みを積極的に行っていることは心強い限りです。

 今回の訓練は「無開示訓練」といって、被害の概要のみ説明して、その後の対応は山二さんに任せるというとてもリアルなものでした。今後の各種訓練においてもこうした手法を採り入れる必要があると感じた訓練参観でした。

 今日は午後から連合秋田議員懇談会の幹事会があるので秋田市です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ドナルド・トランプ

 アジア歴訪の最初の訪問国として日本を選んだアメリカのトランプ大統領が今日、離日する。トランプ氏と安倍首相はなぜかわからないが、ウマが合うようだし、それどころかトランプ氏は首相のことを尊敬すらしているといわれている。トップ同士の個人的な友情は日米関係にとっては悪いことではないだろう。

 ただし、だからといってアメリカの日本に対する要求が甘々になるのかといえば当然そんなことはなく、昨日のワーキングランチではやっぱり貿易の話を持ち出し、共同記者会見の場でも今の状況に対する不満を表明した。今後はFTAの締結を持ちだしてくる可能性大。日米安保条約の下での同盟は維持していくというのが現実的なのだが、そろそろ本気で“対等な関係”での同盟を模索していった方がいいと私は思っている。

 さて、トランプ氏訪問の中で北朝鮮による拉致被害者家族との面会があった。これは良いことだと思う。小泉訪朝からずいぶんと時間が経ってしまったが、拉致問題はさしたる進展もなく今に至る。当時、官房副長官として大きな役割を果たした安倍氏が首相になっても変わっていないのは家族の方々にとっては辛い現実である。

 トランプ氏は被害者家族に対して解決への協力を約束したという。こうした問題も頭に入れて北朝鮮への対応をとっていただけたらと思う。ま、でも一義的には日本と北朝鮮の問題なんですけどね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

浅舞でした

 毎年この時期に行われている市主催の「児童虐待・DV防止講演会」。今年の会場は平鹿生涯学習センター。今任期の前半は厚生常任委員会に所属が決まったので、勉強にということで例年以上に気合を入れて行ってみました。

 講師は落語家の林家木久蔵氏で演題は「木久蔵流、がんばらない子育て」。噺家ということで、ユーモアを交えたお話で楽しかったが、児童虐待とDVとは直接つながらなかったような気がしないでもなかったかな・・・まあ、たまにはガチガチのお堅い話とはまた一味ちがった趣向でやるのも悪くないかなと思いました。

 終了後、隣の平鹿庁舎内にある平鹿図書館に寄ってみました。




 移転新築された平鹿庁舎。図書館もそれに伴い、リニューアルオープンです。日曜日からなのか、それともオープンしたてからなのか、賑わってました。庁舎内にあれば、用事ついでに立ち寄る方も増えるかもしれませんね。

 九州場所が近いからなんでしょうか。

 防災意識の啓発、大事です。

 横手といえば、農業と発酵。

 この類の書籍が農業のコーナーにありました。「まちおこし・まちづくり」のコーナーをつくって、そちらにまとめた方がいいかも、です。

 こんなのもあるんですね。最近、老眼がかってきたので、興味をそそられました。

 「公共図書館は民主主義の<知の砦>」といわれます。今以上に住民に愛される図書館になってほしいなと思います。

 ということで、今日の午後は浅舞でした!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

横手地区少年非行防止弁論大会

 昨日の日中は少年保護育成委員会の活動でした。「第56回横手地区少年非行防止弁論大会」です。横手市と東成瀬村の各中学校の代表が参加。毎年、持ち回りで当番校が決められていて、今年は増田中が当番。会場は増田体育館でした。

 公務等が重なり、毎年この大会に行けるわけではありませんが、いつも生徒の熱弁に心を揺さぶられます。昨日は私の担当が採点の集計係だったので、最初の3人しか聴けませんでしたが、それでも目頭が熱くなるような話の連続でした。ほんと、最近の中学生はすごいですね。

 増田から戻り、夕方はいつも大変お世話になっている横手興生病院労働組合の第49回定期大会に出席。この度の市議選でも推薦いただきました。医療の現場を取り巻く環境は厳しいものがありますが、額に汗して働く方々の気持ちに寄り添った議員活動をしていきたいと思います。

  さて、昨日は解党しなかった民進党の新代表に参議院議員の大塚耕平・元厚生労働副大臣が選出されました。私には“政策通”のイメージがありますが、この難局をどう打開していくのか、手腕が問われます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

臨時議会

 改選後初の臨時議会が昨日行われました。議席番号は5です。議席の位置が違うと眺めも新鮮です。

 昨日は市当局提案の議案が一般会計補正予算も含めた専決処分のみで、ほとんどは議会人事についての決定という内容でした。

 まずは議長選挙。いろいろトラブルがありましたが(←詳細は地元紙記事参照)、寿松木孝議員と齋藤光司議員が共に12票、鈴木勝雄議員2票ということで、少なくとも合併後の横手市議会としては史上初のくじ引きを行い、齋藤光司議員が当選しました。私は孝さんが議長にふさわしいと考えていたので孝さんに投票しました。

 立候補表明の所信を聴く限り、齋藤議長の、議会改革を含めた議会運営の具体的な方針がよく伝わってこなかったのですが、大変僭越ながら、「横手市議会の代表」としての自覚を常に持った行動をしていただきたいと切に望みます。

 次いで副議長選挙。小野正伸議員21票、立身万千子議員4票、無効1票で小野正伸議員が当選しました。私はかなり迷いましたが、会派の方針に沿って正伸さんに投票しました。産建委やスポーツ振興議連等で私とコンビを組む機会の多かった正伸さん。激務だと思いますが、がんばってほしいと思います。

 その後は各常任委員会と議会運営委員会、広報広聴委員会の委員選出と続きました。私は厚生常任委員となり、はからずも副委員長に就任しました。そして、広報広聴委員会(広聴分科会)にも所属することになりました。

 全日程が終了した後、新しく産業建設常任委員長になられた菅原正志議員と産建委の引継ぎを行いました。

 「引き継ぎ」は前任期の議会運営委員会で私が提案し、議会の「申し合わせ事項」として加わりました。ぜひ、他の常任委員会でも行っていただければと思います。

 ところで、先日のにかほ市長選挙において全若OBの市川雄次さんが大接戦を制して、見事に初当選されました。おめでとうございます!地元紙に「人の心が貧しければ、立派な建物があっても故郷に愛着は持てない。だからこそ、心から誇れる地域をつくるのが私の使命だ」という市川さんの言葉が載っていました。すばらしい!本当に首長にふさわしい方だと思います。久しくお会いしていませんが、心から応援します!

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。