広聴分科会行政視察その③~まとめ~

 広聴分科会が訪問した岩倉市議会と可児市議会の取り組みにはいくつかの共通点がある。それこそが議会改革を進めるうえでのポイントだと思うので列挙してみる。

 ●地域の各団体との連携
 岩倉市議会は「せいじ~る」という若手主体の市民団体と共催の形でふれあいトークを行っており、可児市議会に至っては高校生との地域課題懇談会に医師会や商工会議所、金融協会、NPO等をからめている。NPOは議会報告会においても重要な役割を果たしている。両方とも議会が独りよがりにならないように、うまく地域の各団体と連携している。それはつまり、地域も議会に対して関心や理解のあることの裏返しであり、「民力」が高いといえるし、そうなるように議会も努力していかなければならない。

 ●当局に対する提言力
 広聴部門での各種取り組みのゴールとして、住民の意見を反映した形での当局に対する提言を行っている。特に可児市議会はそれが仕組み(サイクル)に入っており、まさに「チェックと提言」という議会の機能をフルに行使している。

 ●住民との距離感
 議会報告会等では会場を対面方式ではなく、グループトークができるレイアウトに設定している。これによって、満遍なく意見や要望を聞くことができ、参加者が気軽にモノを言える工夫がなされている。これは横手市議会でもすぐにできることである。

 ●高校生とのからみ
 地域の将来を背負って立つ高校生との積極的な交流はこの行政視察の中でも特筆すべきことである。広聴分科会としては「Y8サミット創快横手市議会」をきっかけに中学生との交流を模索しているが、可児市議会での視察で「中学生段階から議会に対する理解を深めておくことが大事」とも言われたので、私たちの方向性は間違っていないと思う。

 ●議会一体となった姿勢
 両議会を訪問してたまげたのは議会全体で物事を成し遂げていく!という姿勢である。視察受け入れに関しても岩倉市議会は原則、全員が出席。可児市議会では週ごとに議員がローテーションを組んで対応している。

 横手市議会も議会関係の視察受け入れにおいては、そのテーマにからんでいる(いた)議員が出席するようにしているが、両議会に比べればまだまだ足りないのかもしれない。
 また、“議会一体”の姿勢は当局に対しても発揮されていて、岩倉市議会では全会一致での請願・陳情の趣旨または一部採択で強いメッセージを出し、可児市議会では委員全員の同意を条件に常任委員会での代表質問を行っている。

 実は岩倉市議会も可児市議会も通年議会制をとっていない。通年議会を否定しているのではなく、もはや制度として取り入れなくとも、実質的に通年議会と化しているのである。それだけ議員はバラツキなく平均して議会活動を行っているし、住民にもそれが浸透しているのだろう。これから通年議会の議論をしていく過程において、「制度化して意識を高めていくのか」、「意識を高めることを先にして事実上の通年議会とするのか」という論点も重要になってくると思う。

 いずれにしろ、議会改革は議員の意識改革なくしてはあり得ない。そこをどうやって醸成していくのかが問われている。まずは・・・こんなことを書くのは恥ずかしい限りだが「不明確な理由、または理由なき遅刻・欠席」を容認しているという世間では考えられない変な慣習をなくすことからですかね・・・
 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

沙羅ちゃん、おめでとう!

 本日午前9時、横手市は大雪災害警戒部を大雪災害対策部にレベルを引き上げました。雪まつりを直前に控えて、よいでないことになってきました。青山家がある道路の大きな堰も雪で埋まってしまい、奥まで道つけしないと雪投げできません。埋まったのは今季2度目ですが、前回はすぐに解けてくれました。が、今回はやばいかも。

 今日は午後からタブレット端末活用推進会議に出席しました。当局から総合政策部長らがみえられて、当局の導入検討状況の説明がありました。議会だけでなく、当局もタブレットを活用していただければさらに様々な効果が出てくるということは自明の理。早急な検討をお願いしたいと思います。

 その後は3月定例会での紙資料の取り扱いや、定期的に行っている操作講習会、クラウドファイルの取り扱い基準の検討、印刷機能の規制の取り扱い等を協議。さらには新しく追加される(された)便利機能についての議会事務局デモもあって、他議員よりも知識を先取りさせていただきました。

 さて、平昌オリンピック。昨夜はメダルラッシュでしたね。特にスキージャンプ女子の高梨沙羅選手の銅メダル獲得にはテレビに向かって大拍手でした。私は4年前のソチで「金メダル確実」といわれながら4位に終わり、それでも何の言い訳もせずにインタビューに気丈に答えていた沙羅ちゃんをみて、絶対4年後も応援する!と決めていました。

 「4年間やってきたことが最後に形になった」大ジャンプ。神様はきっと沙羅ちゃんの頑張りをずっと見ていてくれたんだと思います。笑顔と涙の沙羅ちゃんの表情に私もホッとしました。おめでとう!そして、感動をありがとう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

広聴分科会行政視察その②~可児市~

 世界一のバラ園があり、安土桃山時代の茶の湯文化を牽引した美濃桃山陶の聖地でもあり、そして、信長の近習・森蘭丸(成利)所縁の地である可児市は岐阜県の南部に位置する人口10万1千人の街である。

 可児市議会は議会改革の先進地として知られており、全国からの視察が絶えないが、唯一秋田県の来訪がなかったようで、私たち横手市議会が秋田から初めての訪問団となった。ここからして、秋田県全体の議会改革に対する鈍感さがわかる。だから、私たちは「議会改革度ランキング秋田県1位」という座に胡坐をかいているわけにはいかないのである。

 可児市議会も議会改革全般に亘る話から始まった。地元ケーブルテレビで放送されている議会番組を視聴しながらの説明であった。

 これが議会改革の取り組みの肝。

 可児市議会は「二元代表制」を徹底して追求していた。そこから出た結論は当局と議会は「車の両輪」ではないということ。同じ車に例えるならば、議会は当局の「アクセルとブレーキ」にならなければいけないという事である。その通りである。

 それを踏まえた数々の取り組みは
●名城大との連携(ゼミに参加し、意見交換し専門的知見を深める・議会報告会に教授と学生が参加)
●モニター・パソコンを活用した一般質問
●正副議長選挙にあたり、議場で演説会開催(質疑もある)
●議長と常任委員会がしっかりと引継ぎを行う議会運営サイクル
●議会提言を含めた予算決算審査サイクル(予算決算は常任委員会にしている)
●常任委員会の代表質問
 等々である。

 個人的にはいま、議会と大学が連携していくことの必要性を感じているので、名城大との連携の話が特に収穫がありだった。

 さて、広聴の話。可児市議会の取り組みは主に議会報告会と地域課題懇談会の二本立てである。
 議会番組での報告会の紹介。

 形式としては岩倉市議会と同様にグループ分けである。最初は対面方式であったが、参加者の一部しか意見がでてこないという課題を踏まえての変更。議員2名に対して住民5~6名という割合で分けている。そして、進行もNPOの協力を得てコーディネーターを出してもらっているという。

 そして、地域課題懇談会。可児市議会の特徴は高校生の交流が活発な事である。


 この高校生との交流には適時、医師会や商工会議所、金融協会、選管、NPOといった団体もからんでキャリア教育としての人材育成を目標とした動きになっている。地元の各団体の協力体制も半端でない。そこには議長の「ココとからんだら!」という閃きと人脈が関係しているそうだ。議長のリーダーシップ、非常に大事。

 このような議会報告会や地域課題懇談会で出た意見を、(前述したように)政策に活かすサイクルがあるのが可児市議会の強みである。はっきりいって、他の議会とのスピードがあまりに違いすぎて感嘆するしかない。

 なぜ、こんなにも多くの取り組みが実現するのか?説明者のひとり、板津博之議員(総務企画委員長)が教えてくれた。

 可児市議会は定数が22だが、その中で最大会派である誠楓会に改革派議員が多数いるという。要するに最大会派がエンジンとなって議会改革を引っ張っているという事だ。いい意味での“数の力”である。そして、議会運営委員会のメンバーに会派代表と常任委員長が入るという構成もミソ。ここで議長の“想い”を共有するのだそうだ。議長の改革に対する情熱、とっても大事。

 以上、議会改革のリーダー的存在である可児市議会の取り組みであった。


 後日、総括編をお送りします。

 
 
 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

町内会活動

 週末は町内会の活動でした。

 まず昨日は親子会の梵天町内会廻り。

 まあまあ天気にも恵まれて上丁・下丁を子どもたちと一緒に元気に廻りました。終わった後、大人たちは会館→近所の焼き鳥屋さんで一杯。活動資金の財源も年々減少していて苦労しています。そんなことを話題に色々と語り合いました。

 今日は午後から町内会館の雪下ろし。20人くらいで作業をしました。1時間半くらいで終了。みんなでやればドッサリ積もった雪も早く片付きます。

 平昌オリンピックが始まっています。私はスキージャンプ女子の高梨沙羅選手、カーリング女子、そしてスキーノルディック複合の渡部暁斗選手を特に応援したいと思います。沙羅ちゃんは平昌入りしてから調子が上向いている模様。期待しています!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

広聴分科会行政視察その①~岩倉市~

 岩倉市は名古屋市から名鉄の特急で11分という交通アクセス抜群のベッドタウンで人口は4万8千人。五条川の両岸には「日本のさくら名所100選」に選ばれた桜並木が続き、市内外から80万人が訪れるという。

 我々を迎えてくれたのは岩倉市議会の議員11名。議員数は15名ということなのだが、岩倉市議会は議会関係の視察を受け入れる際は原則、全議員が出席し、説明・質疑に応えているのだそうだ。もはや、この時点で我々「ほぉ~~~」である。

 広聴機能の充実は議会改革の一環であるので、まずは議会改革の取り組みから説明を頂いた。その中で私が視察に来る前と見方が変わったのは請願・陳情の「趣旨採択・一部採択」について。横手市議会は請願・陳情も議案であることから、結論として採択にするか不採択にするか二つに一つの判断を下すようにしている。内容の一部や趣旨についてはわかるんだけど、ここの部分がちょっと・・・という議員が多数となればそれは不採択になる。

 私もそれでいいと思っていた。なぜなら、趣旨採択や一部採択を認めてしまうと、請願・陳情の提出者(団体)が拡大解釈してしまう恐れが出るからである。しかしながら、岩倉市議会はこの請願・陳情の審査に議員間の自由討議を導入し、合意形成の努力をしたのちに全会一致を前提に趣旨採択・一部採択ができようにした。この「全会一致」というのがミソで、これにより採択の意味合いというかメッセージを強いものにすることができるのだという。

 自由討議の活かし方、そして全会一致という合意形成をした上での趣旨採択・一部採択。これはあり得るかもしれないなと思ってしまったのであった。あとは提出者に誤解のされないような結果説明をすることですかね。

 さて、本筋の広聴部門の取り組みである。岩倉市議会は「ふれあいトーク」という名称で議会報告会と意見交換会を行っている。ふれあいトークの主な対象は市民活動団体や地域(行政区)であり、会場レイアウトは対面式ではなく、グループトークができる形にし、肩肘張らずに議論ができるようなものにしている。そして、いただいた意見等を参考にして常任委員会として市に対して提言した例もいくつかあるとのこと。

 ふれあいトークの対象は広がりをみせていて、昨夏には30歳以下を対象とした「若者と岩倉市議会のおむすびトーク」を市内スーパーのフリースペースを使って開催した。グループに分かれてミニレクチャー→グループトーク→模擬議会→グループトーク→まとめと濃い内容のもので若者の政治参加を促す意味で有意義なものだったという。

 実はこれ、岩倉市議会は共催の形で参加しており、「せいじ~る」という市民団体が主催したものだった。せいじ~るは10人くらいの小規模な団体だが、年齢構成は30~40代。この「市民団体との連携」というのもミソ。せいじ~ると岩倉市議会はちょうど明日、10日には「外国人ママと市議会議員のおだんごトーク」も開催する。岩倉市はブラジル人を中心に外国人が多く居住しており、その方々の教育の悩みや困りごとを聞きましょうよ、というものらしい。

 以上、「議会改革度ランキング2016」全国26位の岩倉市議会の取り組みであった。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

終日の会議で思ったこと

 長いブログになりそうです。

 広聴分科会の行政視察。一昨日の早朝発ち、昨日の夜更けに帰横しました。

 東海地方は意外に寒かったです。取り急ぎ率直な感想を言うと、特に可児市議会の取り組みが凄すぎて言葉になりません。感嘆するしかありません。たくさんの事を学んできました。頭の中を整理しながら後日、シリーズでご報告したいと思います。

 今日は終日、本庁舎で会議でした。私なりに感じたことを書きます。

 まずは議会改革推進会議。冒頭、私から広聴分科会の、奥山豊和議員から広報分科会の視察報告をそれぞれ簡単に行いました。広報広聴機能の充実の根幹は議会改革です。その意味で情報は共有しなければいけません。報告を受けて播磨博一委員長から「議会改革は議員の意識改革」との発言がありました。本当にその通りです。

 その後、今日の協議事項である「議員特別研修費の運用」、「一般会計予算審議のあり方」等について意見を出し合いました。結構、激論になりました。今、自民党の若手が中心になってつくられた「2020年以降の経済財政構想小委員会」、いわゆる小泉小委員会にまつわる本を読んでいます。考え方に相違があっても、議論することによって何かを導き出す。それが大切なんだと思います。ですから、激論大歓迎です。

 午後1時半、議員懇談会及び全員協議会。議員懇談会は非公開なので内容には触れませんが丁寧に進めてもらいたいと思います。全員協議会の案件は3つでした。隣に座っていた普段は辛口の佐藤誠洋議員が「横手市総合雪対策基本計画(第2期)」についての建設課長の説明をほめていました。「産業建設の協議会で議会側から指摘したことが採り入れられている」・・・これが議会と当局の建設的な関係のモデルです。

 「譲渡する温泉施設の修繕費用について」。豊和くんと商工労働課のやり取りを聞いていましたが、横手にも2度ほど講演にいらっしゃった金井利之氏の

 権力を行使する人たちの過ちは例え100に1つ、1000に1つであっても取り返しのつかない結果を招く可能性があるから、常に最悪の事態を想定して態勢を整えていく必要がある

 という言葉を思い出しました。市の重要課題である「公共温泉」について、このような視点が欠落していることは残念なことです。そして、責任の全てを現場の課長や係長に押しつけているような気がするのは私だけでしょうか。

 懇談会・全協の後は特別研修報告会。4名(組)が報告しました。特別研修制度を有意義なものにするための方策として報告会の中身を充実させなければなりません。報告に対して活発な質問や意見が出ることが活性化につながります。そんなことで、私は意図的に手を挙げさせていただきました。何かを感じた議員がいるとしたら幸いです。そして、この場は議員のプレゼン能力向上にもなります。今日は加藤勝義議員と寿松木孝議員の報告が秀逸でした。

 最後に急遽、明日行われることになった「市民と議会の懇談会」について出席予定議員&広聴分科会委員で打ち合わせ。かねてより志向していた議会報告会とは違った形での市民の皆さんとの意見交換会の第1弾です。今回は「子育て支援」をテーマにそれに関わる方々との懇談となります。段取りや進め方についていろんな意見が飛び交いましたが「まず、やってみる」です!

P.S.行政視察出発の朝、地元紙一面をみてビックリ。小野立・能代市議が4月の能代市長選に挑戦する意思を固めました。立ちゃんは私と行き会うたびに能代市政の問題点を厳しく指摘していましたので「きたか」との思いましたが、まあビックリです。がんばれ、立ちゃん!勇気ある決断に心から敬意を表します。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

横手地域局に寄せられる要望件数

 寒波が日本列島を覆っているようですが、今のところ横手市はまあまあ平穏です。今シーズンは変な空模様ですねえ。

 今日の午前中は条里北庁舎の危機管理課でヒアリング。防災行政についていろいろとお話を聞かせていただきました。やらなければならない事はたくさんあるようですが、地域防災力の向上に一番の力を入れているようです。

 午後は恒例となった「横手地域局主要事業等意見交換会」を条里南庁舎で。来年度予定されている事業についての説明と質疑を通しての意見交換を行いました。欠席の鈴木勝雄議員を除く横手地域の議員が集結。

 ざっくばらんな意見交換ができる会議ですが、昨年同様に目を見張ったのが地域局に寄せられる要望件数。舗装、側溝、草刈り、街路樹、公園、街灯等合わせて年間760件。それにプラスして除雪関係が年間520件超です。人口・世帯ともに横手市全体の約40%を占める横手地域。市職員の皆さんのご労苦は大変だと改めて思います。

 明日・明後日は広聴分科会の行政視察で岩倉市と可児市に行ってきます。天気がちょいと心配。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

雪下ろし

 今冬はほんと寒いですね。

 寒気が入ってくる前に・・・ということで今日の午前中は雪下ろしをしました。私が日常活動に励んでいる間に父がチョコチョコとやってくれていたので、そんなに時間はかかりませんでしたが、びっしりと締まった雪は重くて大変でした。汗だくになりました。まあ、でも一安心です。

 夜は千葉から秋田に遊びに来た知人と会食の予定が入っています。前回会った時はカラオケ歌いまくりで盛り上がったのですが、今夜は疲れているので(笑)意見・情報交換に徹しようかと思っています。

 来週は広聴分科会の行政視察などビッチリと予定が入っています。おかげさまで今季もインフルエンザにかかっていません。これからも手洗い&うがい&マスクで体調管理に努めながら活動したいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

会派代表質問のあり方

 冬将軍が一休みしてくれました。明日も休んでくれるみたいです。ちょっと一息ですね。

 今日は午後から行政課題説明会が行われました。報告案件含め11項目について説明、質疑。休憩をはさんで約4時間にわたった会議でした。これだけのボリュームがある時は例えば説明資料は事前にタブレットの中にあるのだから、議員は読み込んでいるとみなし、説明は端的にしてもらって質疑に時間を割くとかで進行を工夫しなければいけないかもと思いました。

 説明の中でひとつ挙げると、来年度から「町内会補助金」というものが新設される方針です。申請方式ですが、町内会・自治会・集落の地域活動や、備品整備が対象となります。

 旧平鹿町では全ての自治会に世帯割で運営補助金を出していたそうです。加藤勝義議員や私は過去の一般質問でそれを例に出して必要性を訴えていました。今回はそこまではいかないものですが、少し前進したかなと思っています。来年度はその運用実績を注視しながら町内会・自治会支援のあり方を考えていきたいと思います。

 長い行政課題説明会の後、広聴分科会→財政課のレクチャーを終えて本庁舎を出たのが午後7時過ぎでした・・・

 さて、29日(月)は議会改革推進会議でした。「会派代表質問のあり方について」の案をまとめました。

 議会基本条例に基づいて導入された会派代表質問。その名の通り、会派の共通した意見等について代表者が登壇して市当局と議論するというものでしたが、やってみたら「会派の意見」ではなく、「自分の意見」、要は一般質問と全く変わらない、違いがみえないという課題を抱えてしまいました。

 ということで、見直してみよう、あり方を考えていこうという事になりました。そんな経緯です。
 議会としては珍しい、ホワイトボードを駆使して意見を出し合いました。

 会派代表質問の意義というものを踏まえ、登壇議員以外に同一会派の複数の議員も質問できるという画期的なしくみにしました。多分、全国的にも行っている議会はないと思われます。

 まとめた案の概要です。
 ●回数と時期は年1回、3月定例会とする。

 ●市長の施政方針、教育長の教育行政方針に対しての質問とする。

 ●再質問分業制とする(どの議員がどの項目を再質問するかも通告する)。

 ●登壇議員(←最初に質問する議員)以外の質問者は一般質問も可とする。

 ●時間は答弁時間含め会派人数×10分+20分とする(←新風の会でいえば80分)。

 この方法が議会運営委員会に提案されます。議運のメンバーは理解のある方々だと思うので、承認されると確信しています。議会改革推進会議、これからもとんがった提案をしていければと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

我が町の防災マップづくり

 昨日は横手南中で日本防災士会秋田県支部南部地区の主催で「我が町の防災マップづくり」を開催しました。対象は中一のクラスです。

 私もスタッフとして参加しました。講師は減災アトリエ主宰の鈴木光さん。消防庁認定の図上訓練指導員です。
 防災マップづくりというのは簡単に説明すると、災害が起こった時に、皆さんの近所や通学路で危険だと思われる箇所がどこか見つけていきましょう!というものです。

 佐々木健一・南部地区代表の挨拶でスタートしました。母校だけに気合が入っていました。

 鈴木さんです。秋田は初めてという事で、雪の多さに半分ビックリ、半分喜んでいました。

 まずはこんなことを確認・考えてもらいました。

 こんな災害被害を想定して、地図上にマーカーで書き込んでいきます。ちなみに南中の通学路は広いので出身小学校区(横手南・旭・栄)に分かれて取り組んでもらいました。

 考え込んだり、話し合ったりして真剣に取り組んでくれました。


 防災マップづくりを通して鈴木さんが生徒たちに伝えたかったのはこの事です。

 まだまだピンとこないかもしれませんが、意識してほしいなと思います。

 そして、学んだことを自分だけではなく、家庭で共有して、それが地域に広がっていく。それを期待しています。大人は子どもたちの言っていることは聞いてくれますしね。

 昨日は市教委のご協力で市内各校の先生方、そして危機管理課からF課長が見学に来ていただきました。また、秋田魁新報、横手かまくらFM、市広報も取材に来ていただきました。ありがとうございます。

 そして、何よりも校長先生・教頭先生はじめ南中の教職員の皆さんには段取り等、お手数をおかけしました。感謝申し上げます。

 前日の夜は鈴木さんとの懇親を兼ねて顔合わせ会を行いましたが、マップだけでなく、防災行政に関する様々な気付きも頂きました。活かしていければと思います。

 夜は横手興生病院労組の新春旗開き。テーブルを廻り除雪、昨年の大雨被害、増田まんが美術館等々、たくさんの意見を頂戴しました。
 
 そして今日は終日、議会報告「清新」配付。もちろん、除排雪の要望をたんまり頂きました。明日は午後から行政課題説明会→広聴分科会です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。