一般質問始まる

新しい月に入りました。この時期になると、NPBにおける「引退」のニュースが流れてきます。今日は阪神の藤川球児投手の引退会見が行われました。阪神が強かった時代を支えた立役者です。“JFK”のおかげで6回までリードしていれば、ほぼ100%勝てましたからね。ものすごいストレートでした。いい思い出をありがとうございます。

さて、9月定例会は今日から一般質問が始まりました。今日は3名が高橋市長、伊藤教育長に論戦を挑みました。その中からお二人の質疑で思ったことを・・・

菅原亀代嗣議員の「技術職員について」。地元出身で工業系の大学や専門学校に進学している方は少なくないと思います。けれども、なかなか採用できていないのは「横手市役所」という職場に魅力を感じていないからでは?待ちの姿勢が見え隠れした答弁でしたが、そこから突き詰めていった方がよろしいかと思います。

奥山豊和議員の「持続可能なまちづくりにおける<施設展望>の位置づけについて」。施設建設のスケジュールが遅れているのは「市民の声を聞かなければならなかったから」だそうです。奥山議員が突っ込んだとおりにそもそも、なぜ最初からその作業を想定してスケジュールを立てなかったのでしょうか。現体制が「市民不在」を基本姿勢にしていることがよく理解できた答弁でした。

自民党総裁選挙は結局、両院議員総会方式で行われることになったようです。昨夜、BSの番組で小泉進次郎環境相が「党員・党友投票」をやることの意義を説明していましたが、実に理路整然としていてわかりやすかったです。結婚して、閣僚に抜擢された途端にやれ、「中身がない」とか「いつも言うだけで成果がない」とか「目立ちたいだけ」とか散々ですが、そんな事ないけどな・・・と自民党に関係ない私は思っています。

 

カテゴリー: 未分類 | 一般質問始まる はコメントを受け付けていません。

次の国政を担うのは誰か

国会は「開かない」ではなく、「開けない」状態だったようです。先週金曜日に安倍首相が辞意を表明しました。今月に入って体調不良が伝えられていたので、あまり驚きはありませんでした。7年半余りの長きにわたって孤独なトップの座にあり続け、今年は新型コロナの対応に奔走されて疲れが増したのでしょう。難病と向き合いながら、国政の舵取りをされたご労苦に敬意を表します。お疲れ様でした。

自民党内は次期の総理・総裁選びが活発化しています。幾人かのお名前が挙がっていますが、その中には有力候補として母校の大先輩も。

実現すれば秋田県出身者初の内閣総理大臣誕生となりますが、果たして・・・いずれにしろ、まずは新型コロナ対策が最優先課題にあることは変わりないので、危機管理に長けた方がよろしいかと。

それと総裁選ですが、政治空白は許されないというのも理解はしますが、ここは党員・党友の皆さんの“民意”を聞いてみた方がいいのではないか、と部外者ながら思います。党内若手や地方等からそのような意見があります。さて、二階さんはどう判断するのでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | 次の国政を担うのは誰か はコメントを受け付けていません。

広報分科会

もはや休校措置をとった方がいいのではないかと思うほどの猛暑が続きます。残暑と言うには程遠い厳しさですね。水分の摂取やエアコンの活用、十分な食事と休養、睡眠をお願いします。

今日は広報分科会が行われました。まずは、「地方議会人」に掲載されたウチの議会だよりの議会広報クリニックでの指摘事項を分析。紙面の流れ等、今後は柔軟に対応すべきものがあることを確認しました。

次は横手かまくらFM「もっと教えて!横手市議会」の放送計画。FMからスタッフさんも来られての打ち合わせです。年内発行分の内容を大まかに決定しました。

最後は10月15日発行分の紙面構成や、割付、執筆分担等について。早速、クリニックでのアドバイスを採り入れた構成にします。今回は20ページになる予定です。

カテゴリー: 未分類 | 広報分科会 はコメントを受け付けていません。

一般質問日程

一般質問の日程です。

●1日(火) 菅原亀代嗣議員(市民の会) ☆奥山豊和議員(新風の会) 立身万千子議員(日本共産党)

●2日(水) 土田百合子議員(公明党) 本間利博議員(新緑会) 山形健二議員(市民の会)

●3月(木) ☆菅原正志議員(市民の会) 鈴木勝雄議員(日本共産党) 齋藤光司議員(市民の会)

☆は一問一答方式

私は12月定例会の登壇を考えています。熱気のある論戦を期待して、傾聴したいと思います。ウチの会派からは奥山豊和議員が登壇します。がんばってね。

カテゴリー: 未分類 | 一般質問日程 はコメントを受け付けていません。

決算特別委員会

9月定例会は「決算議会」とも呼ばれています。今日はその審査のスタートとなる決算特別委員会が行われました。昨日のブログでの予告どおり2つ質問させていただきました。

インターンシップ促進支援事業。参加学生数が増加し、大学にも4校開拓訪問したのに経費補助を終了してしまったのはもったいない話です。受け入れ企業の支援も大事ですが大企業志向、そして各自治体がインターシップ事業を行っている中では並行して学生への補助もしてあげないと。復活を望みます。

応援人口拡大事業。評判の良い「よこてfan通信」ですが、10代~20代の層が読んでいないことが気になります。様々な部署がまたがる応援人口政策の底上げのためには、若年層へのアプローチが重要です。知恵と工夫で「読んでいただける」取り組みをお願いします。

今回は総じて、数字を持って答弁に臨む態勢ができていたと感じています。ただ、会派の部屋でも話題になりましたが、「主要な施策の成果を説明する書類」には「●●●を実施した」という記述ばかりで、それがどのような成果に結びついたのか?端的に言うと各事業は市の総合計画にリンクしているはずで、実施したことによって総合計画にある目標にどう影響を与えたか?そんな視点での資料や説明がほしかったです。そうなれば、もっと充実した質疑になるはずです。

あと、いつも思うのですが、日程が確保できるなら特別会計と企業会計の審査は翌日に行った方がいいのでは。理由は控えますが・・・

令和元年度決算は再来週、各分科会で詳細な審査を行います。

審査終了後も議場で話し込む議員と部長がいました。熱心です。

萩生田光一文科相が、新型コロナに感染した子どもや学校への差別を防ごうと児童生徒や教職員、保護者らに向けたメッセージを発表しました。わざわざ、こんな事を言わなければならないなんて・・・情けない世の中ですね。

カテゴリー: 未分類 | 決算特別委員会 はコメントを受け付けていません。

開会

9月定例会が開会しました。元年度の決算審査もありますので長丁場です。体調に留意してがんばっていきたいと思います。

市長所信説明。目新しいものはありませんでしたが、プレミアム商品券事業についての言及がありました。応募受付が始まっていて、期限は9月4日(金)です。本会議休憩中に商工観光部長にお話しましたが、早く現金化したい店舗側の気持ちも汲み取ったしくみを構築して進めてほしいと思います。

今日は委員長会議も行われました。常任委員会・分科会審査前の論点整理の在り方と政策形成・事業評価サイクルについて話し合いをしました。委員会中心主義の横手市議会、今以上にチームとして機能していくには、常任委員会がまとまって市当局と向き合う意識を持つことが必要です。

明日は決算特別委員会です。2つ質問をしたいと思っています。私の日頃の言動から心当たりがありましたら、よろしくお願いします。

P.S.「会津のケネディ」、「政界の黄門様」といわれた竹下派七奉行の一人、衆議院副議長等を務めた渡部恒三氏が亡くなられました。民主党の党内融和に心を砕かれていた姿が印象に残っています。味のある政治家でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

カテゴリー: 未分類 | 開会 はコメントを受け付けていません。

NPBの秋田県関係

今日も暑かったですね・・・帰宅してから思わず水浴びしました(笑)

異例のペナントレースとなったNPBは各チームとも50試合を超えてきています。昨日、オリックスの西村徳文監督が不振の責任をとって辞任しました。監督代行を務めるのは鷹巣農林(現:秋田北鷹)OBのこの人です。

次期監督候補筆頭ということで昨季から2軍監督をしていましたが、来季はそのまま昇格するのでしょうか。いい選手がたくさんいるチームなのでがんばって立て直ししてほしいですね。

オリックスって、現役はいないけど首脳陣には中嶋監督代行の他にも高山郁夫ヘッド兼投手総合コーチ(秋田商~プリンスホテル)や、今回降格しちゃいましたが後藤光尊打撃コーチ(秋田~法政大中退~川崎製鉄千葉)とズラリ揃っているんですよね。

昨日は秋田県出身の選手たちが躍動しました。横浜DeNAの進藤拓也投手(西仙北~横浜商科大~JR東日本)はキッチリ試合を締めました。

東京ヤクルトの守護神・石山泰稚投手(金足農~東北福祉大)は最終回の無死満塁から登板し、犠牲フライのみの1失点に抑えました。

東京ヤクルトといえば、石川雅規投手(秋田商~青山学院大)が2軍で調整中ですが、そろそろ戻ってくるでしょう。北海道日本ハムの吉田輝星投手(金足農)は2軍で順調に経験を積んでいるようで、明日は先発するという情報があります。

シーズンも後半戦に入ろうとしています。秋田県出身選手の活躍に期待!です。

さて、来週から9月定例会が始まりますので議会報告「清新」配付は今日で一区切りしました。行けなかった地域の皆さんには次回まとめて配付します。申し訳ありません。この週末は定例会準備をしたいと思います。

P.S.安倍首相の顔が優しくなった気がします。ギラギラしたものを感じなくなりました。

カテゴリー: 未分類 | NPBの秋田県関係 はコメントを受け付けていません。

解党→合流新党へ

暑いですね・・・猛暑日の予想だとか。もうなっているかもしれません。朝晩は涼しい風が入ってきて、秋めいてきているのですが。新型コロナはもちろんのこと、熱中症にも気をつけましょう。

昨日、国民民主党の両院議員総会が行われ、解党と立憲民主党との合流を正式決定しました。玉木雄一郎代表は執行部として提案した責任で賛成しましたが、その後の記者会見で合流新党には参加しないことを改めて表明しています。「組織の代表」として筋を通した一方で、「一政治家」としての信念を貫いたといえるのかもしれません。

挙手による採決には衆参の62人中、59人が参加して賛成57:反対2だったそうです。反対者は柳田稔元法相と渡辺周副代表といわれています。柳田氏は両院議員総会会長で議長役でしたのので、職責として挙手しなかったのかも。渡辺氏は採決前の議員懇談会において「船長も機関士もいない中で新党に向かうのか。(玉木)代表の参加を明言してほしい」と至極真っ当な意見を述べていて、それができないのなら採決自体を慎重にすべきという意味の反対だったようです。

合流新党は無所属の岡田グループ、野田グループ等を含めて150人前後の規模になるようです。国民民主党からも多くの議員が参加し、「自民一強」に対抗し得る勢力になることを期待しています。

カテゴリー: 未分類 | 解党→合流新党へ はコメントを受け付けていません。

市立小中学校の普通教室にエアコン設置へ!

雲が多めでしたが、いいお天気でした。

お盆が終わり、昨日から日常活動モードに戻っています。今日は午後から9月定例会の議案説明会→行政課題説明会→広報分科会→総務文教正副委員長打ち合わせでした。

行政課題説明会では、教育総務課から新型コロナ臨時交付金と合併特例債を財源とする「小中学校普通教室へのエアコン設置について」の説明がありました。これは、中学校区ごとに1校、計6小中学校にガスヒートポンプエアコンを、その他の14小中学校に家庭用エアコンを令和3年度中に設置するというものです。9月定例会に補正予算として追加提案される予定です。

実は7月29日(水)の総務文教常任委員会協議会において、この件についての方針が示され、31日(金)の議員懇談会で私から議会全体にお知らせしたところでしたが、市教委からは今日の行政課題説明会で改めて説明し、プレスリリースも行いたいということでしたので、このタイミングでの公表となります。

これまで、各議員による一般質問での再三の提案に「お金がかかる」、「普通教室だけがクローズアップされるのは本意ではない」、「他自治体も全ての学校に設置する予算はとっていない」、「自分の身は自分で守らなければならない。そういった知恵や我慢も必要だ」等の理由で消極的な姿勢を崩さなかった市当局でしたが、ここにきて方針を大きく転換したことになります。

以前も書きましたが、6月定例会後に総務文教で決議案をまとめる作業を進めてきましたし、7月17日(金)には横手市PTA連合会が市や市議会に要望書を提出しています。市議会の提案やPTA団体からの働きかけがようやく実ったと受け止めています。

P.S.新型コロナ、県内での感染が相次いでいます。気になるのは県外への往来がなく、感染経路が不明なこと。「いつ、どこで、誰が」感染してもおかしくない状況となっています。ある意味、第1波よりも厳しいと感じています。

カテゴリー: 未分類 | 市立小中学校の普通教室にエアコン設置へ! はコメントを受け付けていません。

平和の鐘

新型コロナの影響で「送り盆まつり」が中止となり、気の抜けたお盆を過ごしていますが、今日は西法寺で横手ユネスコ協会主催の「平和の鐘を鳴らそう集会」を行いました。開催の可否についてを共に副会長をしている本間利博議員と相談しましたが、秋田の方が「やる」ということでしたので横手もそれに倣いました。

横手市からは来賓として、平鹿地域局長に出席いただきました。ありがとうございます。

私、2回も鐘を撞きました。時刻に合わせた数を全体で撞くのだそうです。

東日本大震災の犠牲者追悼を兼ねている集会ですが、今年は新型コロナで亡くなられた方々や大雨災害の犠牲者の方々のことも想いながらの鐘撞きでした。憎しみや悲しみのない、穏やかな日々が訪れますように。

カテゴリー: 未分類 | 平和の鐘 はコメントを受け付けていません。