10連休初日

私はあまり満喫できませんが、世間は10連休に突入しました。初日はあいにくのお天気でしたね。

午前は近くの本郷第一公園で「第90回横手地区メーデー」に出席。寒空の下でしたが多くの連合の皆さんに集まっていただきました。雨降って地固まる、の言葉のように尚一層、団結力が高まったと思います。

本来であれば皆さんと一緒に市内を行進するのですが、今日はすぐに車で大仙市の中仙市民会館ドンパルへ。午後から県内の各ライオンズクラブが一堂に会する「ライオンズクラブ332-F地区第65回年次大会」でした。

式典後は大曲高校書道部の書道パフォーマンス。「書道パフォーマンス甲子園」に北海道・東北ブロック代表として5年連続で出場しているそうです。見事でした!

ガバナー晩餐会、いわゆる懇親会は八乙女交流センターで。会場に向かう途中の桜アーチ、こちらも見事でした!

晩餐会はもちろんウーロン茶で過ごし、早めに帰宅しました。充実した一日を過ごしました。

10連休、この後の私の予定は水上丁親子会の公園清掃&花見や川崎市から帰省する南中~湯高同級生・F君の「(仮称)ミャンマー赴任激励会」、そして令和最初の横手神明社例大祭等です!

 

カテゴリー: 未分類 | 10連休初日 はコメントを受け付けていません。

政策等の形成過程の説明

横手市議会基本条例第10条では議会が市長などに対して、提案される政策や計画、施策、事業について、その背景や提案経緯、将来にわたる効果及び費用等の説明を求めるものとする、いわゆる「政策等の形成過程の説明」を定めています。これは議会が政策等を充分に審査するために必要なことです。

実は、当局が行う政策等の説明がこの第10条に沿っていないという指摘が以前からあり、議長が執行部に改善を申し入れていました。昨日の行政課題説明会では、4件の説明があったのですが、そのうち、3件については、担当部署からきちんと第10条に沿った資料配付と説明がありました。しかし、残念ながら残りの1件はその部分をまだ理解されていないと思われるプレゼンでした。

市民の皆さんの生活を良くするために、当局と議会はお互いに真摯に向き合って議論を進めなければなりません。そのためには、この第10条をきちんと理解していくことが大切だと思いますし、当局にはご難儀をかけますが、それに基づいた説明を今後もしていただければと思います。

明日は横手ライオンズクラブ1000回記念例会実行委員会→広聴分科会→本間利博議員と横手ユネスコ協会の打ち合わせ。夜は東京からゲストさんを迎えての会合という予定が入っています。

 

カテゴリー: 未分類 | 政策等の形成過程の説明 はコメントを受け付けていません。

わかりやすい予算書

横手市の「2019年度版わかりやすい予算書」が発行されました。その中で「自主財源確保の取り組み」という記事が掲載されています。

12月定例会の一般質問で私が提案させていただいたものが反映されて、とてもうれしく思っています。早速の対応、ありがとうございます。

この「わかりやすい予算書」、横手市の予算を家計簿に置き換えてみたり、財源を明示したりして、その名の通り“わかりやすい”ものになっているのですが、悲しいかな、市民の皆さんに浸透しているとはいえません。先日の「若者よ選挙を学ぼう」でも痛感しましたが、情報発信というのは永遠の課題です・・・

明日は議会改革推進会議→タブレット端末活用推進会議(非公式会合)→行政課題説明会→特別研修報告会→議会懇親会です!

P.S.各所で桜がイイかんじになってきました!今日の午後の蛇の崎です。

カテゴリー: 未分類 | わかりやすい予算書 はコメントを受け付けていません。

若者よ選挙を学ぼう

いいお天気が続いています。

この週末もいろいろと活動していましたが、その中から昨日の横手青年会議所(JC)4月例会「若者よ選挙を学ぼう」について書きます。

以前のブログでもお伝えしていましたが、これは市内各校から参加した高校生が「選挙の知識を身につけ、自らの意思で自信を持って選挙に臨めるようになる」ことを目的としたJCの事業です。

大まかに、和泉康充理事長の趣旨説明→私を含めた3名の市議による講演→グループディスカッション→発表という流れでした。

講演のテーマは私が「選挙とは?」、JC現役会員の奥山豊和議員が「投票率と政治参加」、JCのOBである高橋聖悟議員が「あなたと選挙」。ちなみに私は横手商工会議所青年部(YEG)中退です(^^;)

グループディスカッションでは、途中から私たちも個々に入って「電子投票の可能性は?」、「立候補した経緯」、「立候補に必要な資質は?」、「選挙にいくらかかった?」など多岐にわたる質問にお答えしました。

発表では、インターネット投票など気軽に投票できるしくみの提案が多かったです。また、講演で議会全体や議員個々が様々な手段で情報発信をしていることをアピールしたのですが、例えば「議会だよりの存在を初めて知った」、「Facebookはもうやらない!」といった意見もあり、ションボリすると同時に私たちはまだ高校生の感覚に追いついていないと感じました。

平成は「進化の時代」でした。様々な事象が進化し続けてきた中で、考えてみれば選挙制度は基本的にほぼ変わっていません。いろんな事情があるにせよ、選挙のしくみも世の中の変化に合わせて変えていかなければならないということを認識した時間でした。

私も聖悟さんも豊和くんもいろいろと準備をして本番に臨みましたが、話がちょっと難しかったかな・・・というのが共通の反省です。けれども、このような機会を与えていただき私たちも勉強になりました。今後は議会全体として、JCや高校生とつながるしくみをつくっていきたいと思います。ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | 若者よ選挙を学ぼう はコメントを受け付けていません。

また延期?

自民党の萩生田光一幹事長代行が昨日のインターネット番組の中で、10月に予定されている消費税率10%引き上げを先送りする可能性に言及しました。菅官房長官がすぐさま否定し、萩生田氏本人も「個人の見解」と釈明したそうですが、安倍首相の“側近中の側近”といわれている方の発言だけに大きな波紋を広げています。

安倍政権の下で過去二回にわたって延期されている消費増税。「リーマンショック級の出来事が起こらない限り再々延期はない」という首相の言葉を信じて企業等は準備をしてきているはず。よりによって予定まで半年切ったこの時期に・・・世間を混乱させる発言としかいいようがありません。

萩生田氏は「6月の日銀短観の数字をよく見て・・・」と話しています。これって、アベノミクスが成果を出していないということを身内が認識しているっていうことですよね。今回の増税の際には軽減税率や景気対策もセットで実施されます。これもまだ増税をやる環境にない、という証明でもあります。

消費税に対する私の考えは、国の財政を考えると「10%やむなし」です。ただし、それは7年前の党首討論で自民党総裁だった首相が、当時の野田首相と約束した議員定数の大幅削減、いわゆる“身を切る改革”を断行してから国民にお願いする話。それをほぼやっていない今の段階においての増税は筋が通らないと思っています。

それにしても萩生田氏、「(増税をやらないのなら)国民に信を問うことになる」と首相じゃないのに踏み込んだことも言っています。きな臭くなってきましたね。

カテゴリー: 未分類 | また延期? はコメントを受け付けていません。

清新NO.36

今日は暑かったですね。所用で行った議会の会派部屋は何となく寒かったのですが、車に戻ったら車内温度が30℃を超えていてビックリしました。桜も一気に咲くことでしょう!

議会報告「清新」NO.36をUPします。今年度の一般会計当初予算の概要や議員インターンシップなどを掲載してみました。

img001

img002

img003

img004

今週は配付に充てられる時間が多く、助かっています。6月定例会前にはなんとか配付し終えたいです!

カテゴリー: 未分類 | 清新NO.36 はコメントを受け付けていません。

後半戦

先週から議会報告「清新」を配付し始めています。今日は近隣町内会を徒歩で。青空の下、気持ちよく歩くことができました。

統一地方選の後半戦が始まっています。県内は一昨日、大館市長選と同市議選、秋田市議選が告示。そして、今日は上小阿仁村長選と同村議選、東成瀬村議選の告示でした。東成瀬は無投票で決まったみたいですが、あとは全て選挙戦となっています。

大館市長選は再選を狙う現職に首都圏で雑誌の編集長などを歴任した新人が挑むという一騎打ちの構図となりました。そして、秋田市議選は定数36に対して46名が立候補、大乱戦となりそうです。

秋田や大館の市議選の新人立候補者を眺めてみると、もちろん、私より年下の方もちらほらといるのですが、人生経験をある程度積まれてきた60歳前後の方もそれなりに出馬されているなという印象を受けます。何となく、最近の選挙はそういう傾向にあるような気がします。

各候補者のご健闘をお祈りしております。

 

カテゴリー: 未分類 | 後半戦 はコメントを受け付けていません。

続 横道世之介

私は同じ映画をあまりリピートしないタイプの人間なのですが、「横道世之介」だけは例外です。そして、「近々また観よう!」と思ってしまいました。

というのは、先週買った小説「続 横道世之介」を読了して、また感動してしまったから。大学を留年してしまったせいで、売り手市場に乗り遅れ、いわゆるフリーター生活をしている24歳の世之介の一年間と、その27年後の東京五輪を舞台にした温かいストーリーです。

世之介のお人好しぶりが前作からさらに拍車がかかっています。だから、彼の周りには笑顔が絶えません。「ダメな時期はダメなりに、それでも人生は続いていくし、もしかすると、ダメな時期だったからこそ、出会える人たちもいるのかもしれない」という世之介の前向きな気持ちが、読者の心をうつのだと思います。

ちなみに、ある回想シーンで与謝野祥子と思われる女性もさりげなく登場します。前作を読んでいる人にはおススメの場面です。ここらへんは作者の絶妙な悪戯心ですね。

「ただ善良であることの奇跡」。続編も映画化を熱望!

P.S.「なつぞら」のおかげで、今週(特に水曜日)は目薬が必要ありませんでした!

カテゴリー: 未分類 | 続 横道世之介 はコメントを受け付けていません。

「もっと教えて!横手市議会」収録

朝起きたら、道路が真っ白になってました。明日あたりタイヤ交換しに行こうかなと思っていましたが、やめることにします。

今日は横手かまくらFMの「もっと教えて!横手市議会」の収録でした。テーマは「平成30年度のトピックス」。トピックスいえばこのふたり・・・ということで、佐藤誠洋議員との出演です。

昨年度は定例会において附帯決議が相次いだこと、議会内においては広報広聴機能が充実したことを中心にトークを展開しました。前編と後編、2回にわけて放送されます。ぜひ、お聴きください!

今夜は横手ライオンズクラブの例会。横手愛宕との合同です。

カテゴリー: 未分類 | 「もっと教えて!横手市議会」収録 はコメントを受け付けていません。

高校生を前に・・・

統一地方選の前半戦は一昨日が投開票日でした。県議選、私の仲間である連合秋田議員懇と全若に所属している立候補者は全員が見事に当選されました。本当に良かったと思います。

横手市選挙区は最後の最後まで予断を許さない展開でしたが、現職4名が議席を守りました。秋田のため、地域のために県政で今以上に奮闘されることを期待致しております。

懸念された投票率ですが、今回もやはり過去最低を更新しました。この傾向に歯止めをかけるには若年層への働きかけが必要です。21日(日)に横手青年会議所(JC)が市内の高校生を対象に4月例会「若者よ選挙を学ぼう」を開催します。

実は、私と高橋聖悟議員、奥山豊和議員の新風の会トリオがその例会の講師として昨年末から依頼を受けておりまして、高校生を前にお話しすることになりました。昨日は打ち合わせをして、それぞれの役割分担を決めて資料作成にとりかかるところです。

例会ではグループディスカッションもあって、その中で私たちに対する質問も出すとのことなので今からドギマギしています。「選挙に行ったって何も変わらない!」ではなく、「選挙に行かないと何も変わらない!」という気持ちになってくれればいいなと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 高校生を前に・・・ はコメントを受け付けていません。