明けましておめでとうございます。

新年をいかがお過ごしでしょうか。5月に改元を控え、平成の、その先を生きる決意を新たにする年となります。

横手市政においては、今以上に重要課題に対して判断を求められる機会が多くなりそうです。そろそろ行政も議会も本格的に“住民主体”の考え方を採用して施策を展開すべき時期に来ています。それを念頭に発言をしていこうと思います。

早朝除雪から始まった平成31年。元旦は自宅で静養させていただいております。明日からぼちぼち政務をスタートさせるつもりです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー: 未分類 | 明けましておめでとうございます。 はコメントを受け付けていません。

良いお年を!

大晦日。高校サッカーの全国選手権はいつもこの日に負けるのですが、今日は秋商が快勝で県勢14大会ぶりに初戦を突破しました。おめでとうございます。

平成30年も全国的に災害が頻発しました。秋田県にも大きな台風が2度ほどやってきましたが、秋田犬ブームやバドミントンのナガマツペアの世界選手権金メダル、金農の甲子園準V、なまはげのユネスコ無形文化遺産登録など全体的に明るい話題が多かったと思います。

国政は不祥事が相次いだのにも関わらず、誰も責任をとらず、モラルの低下が顕著になってしまいました。何をやっても許されるという雰囲気を政治がつくってしまうことに危機感を覚えます。

横手市議会。特に議会改革関係を振り返ると、早大マニフェスト研究所が発表したランキングが急降下した衝撃の一方で、議会改革推進会議では様々な課題について建設的な議論ができましたし、広聴分科会でも積極的に新しい試みを行った一年でした。行政視察も内容の濃いものでした。

今年も大変お世話になりました。来る年が皆様にとって良き年であるよう祈念致します。

カテゴリー: 未分類 | 良いお年を! はコメントを受け付けていません。

奥羽山脈を越えると

ほぼ雪のなかった盛岡から先ほど戻りました。わかっちゃいたけど、同じ北東北でも奥羽山脈を越えるとこうも違うんですね。ま、寒さは横手と変わりありませんでしたが。

ちなみに、横手~大曲が20分遅れたために予定していた新幹線には乗れず、1本後に。それでも年末の上りは余裕があって席は確保できました。

毎年恒例の住宅メーカー時代の仲間との忘年会。主に昔の思い出話に花を咲かせましたが、今現在の苦労話も聞けました。やはり中間管理職ってのは大変ですね。

滞在17時間の盛岡の旅。来年の年末もまた元気に会えるよう、お互いにがんばりましょう!

カテゴリー: 未分類 | 奥羽山脈を越えると はコメントを受け付けていません。

ドカ雪・・・

もっさり積もりました。久々の早朝除雪となった昨日は思ったほどでもなかったのですが、今朝は・・・( ̄▽ ̄)

この寒波、明後日ごろまで続くようですが、明日は泊りがけで盛岡での忘年会があります。新幹線は大丈夫かな?ガンバレJR!

昨日は日帰りドックに行ってきました。最後に検査結果の速報があり、相変わらず中性脂肪がトホホでしたが、全体としてはまあまあの数値でした。頻●が気になって追加したオプションの数値も良好でホッとしました。詳細結果は年明けに届きます。今年はあまり体調がホントでなかったので少し不安でもあります。

 

カテゴリー: 未分類 | ドカ雪・・・ はコメントを受け付けていません。

寒波がやってきます

 ここ二週間余りはブルが来なくて楽をしています。が、どうやら明日から寒波襲来とのこと。充分な警戒が必要ですね。

 明日は年末恒例の日帰りドックです。いつものように胃カメラは春にやろうと思っているので除きますが、気になっていることがあるので、それをオプションで検査してもらうことにしています。

 年賀状作成もさきほど終わり、明日のドック、盛岡での忘年会、大掃除・・・と年末の行事(?)が続きますが、さっきNHKの「ニュースこまち」で大掃除は別にやらなくともよい!と収納整理アドバイザーの方が力説していました!どうしようかな(笑)

カテゴリー: 未分類 | 寒波がやってきます はコメントを受け付けていません。

舘合にて

 クリスマスの昼下がり。
 広聴分科会のメンバーは舘合公民館(地区交流センター)にいました。

 今日は雄物川町の舘合老人クラブ女性部(つきの木会)との懇談会でした。

 ご婦人方の参加が少ない!というのが議会報告会・意見交換会の悩みですが、こうして呼んでいただきありがたいです。

 公共交通や除雪のことを中心にいろんな意見を拝聴しましたが、その根本には人口減少の影響で「頼れる人がそばにいなくなった」という現実があるんだと思います。昔はどこかの家の縁側でみんな集まってお茶を、という光景がどこにも見られました。そしてその方々がお互いを支え合って生きていました。今はそんな時代ではないと言われればそれまでですが、便利になった代わりに失ったものも多々あるんですよね・・・

 広聴分科会主導で積極展開している横手市議会の出前懇談会、どこにでもお伺いします。各団体からの連絡をお待ちしています。

カテゴリー: 未分類 | 舘合にて はコメントを受け付けていません。

帰横しました

 異例の勾留延長請求却下→保釈見込みから一転、カルロス・ゴーン氏3回目の逮捕にはたまげました。東京地検特捜部の並々ならぬ執念を感じます。どうなるんでしょうな。

 先ほど、厚生委の行政視察から戻りました。天気に恵まれた三日間でしたが、思ったより寒かったです。

 ウェルファーム杉並。


 子育て支援から高齢者福祉・医療まで、ハード・ソフト両面でのワンストップ化を実現しています。問題を複数抱えている家庭にとっては心強いところです。

 川崎市子ども夢パーク。


 「くらしから教育が引き離された」、「大丈夫だ!これができる!と思ったら、子どもは社会に戻れる」、「安心して失敗できる環境づくり」、「不登校は意味あるものだった、と思える支援」・・・運営管理者である西野博之所長の一言一言に引き込まれました。

 世田谷区「新BOP事業」は市長部局と教育委員会の垣根を越えた取り組みに感銘を受けました。子どもたちの「遊び」は大事ですよね。

 今日のお昼は区民会館内にある食堂でしたが、いい眺めに出くわしました。

 今回の学び、振り返りをとおして反映させていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 帰横しました はコメントを受け付けていません。

これから

おはようございます。

これから、厚生常任委員会の行政視察で首都圏方面に行ってきます。なぜ、師走の慌ただしい時期になったかというと、7月に予定していたもの(福山市・尾道市)が西日本豪雨災害の影響で中止になったからです。

今回は川崎市を宿泊拠点に、初日は東京都杉並区の福祉と暮らしのサポート拠点である「ウェルファーム杉並」、二日目は川崎市子ども夢パークにある公設民営方式の「フリースペースえん」を視察。そして最終日は東京都世田谷区役所で「新BOP事業」の取り組みを学びます。BOPというのは、簡単にいえば、「放課後の子どもの居場所づくり」です。

では、行ってきます。

カテゴリー: 未分類 | これから はコメントを受け付けていません。

特別研修報告会

 横手市議会独自の制度である特別研修。議長の承認を得て、議員個々が全国津々浦々、勉強しに行くもので私も大いに活用しています。その研修の内容を議会全体で共有しようという報告会が昨日行われました。

 トップバッターは私。

6月と9月に行ったものの報告を一気に。6月は横須賀市議会で「議会と大学との連携」、東京で島根県の関係人口政策を学びました。9月は東京都庁で建設局の事業である「思い出ベンチ」を勉強し、先日の一般質問でも紹介しました。

 報告会は自分自身で振り返りができますし、他の議員の報告を聴いて刺激にもなります。

 会場写真を見ればおわかりのとおり、報告会の後は大“望”年会。議会全体で忘年会やるのって初めてじゃないかなあ。某ベテラン議員のご注進がきっかけで実現したそうです。皆さん、お疲れ様でした。

カテゴリー: 未分類 | 特別研修報告会 はコメントを受け付けていません。

植田小ゲストティーチャー

 今日は広聴分科会の仕事で奥山豊和広報広聴委員長、立身万千子広聴副分科会長と一緒に植田小に行ってきました。

 植田小の6年生の皆さんが12月定例会・一般質問の初日に傍聴に来てくれました。これは総合学習の時間を中心に「横手市活性化プラン」というものを作成する一環としての活動だったようで、今日はその時の感想と、これからの横手市について大いに語りたい!ということで、横手かまくらFM「もっと教えて!横手市議会」の収録を含めてゲストティーチャーとしてセッティングされたものです。

 議会傍聴についてはみんな好意的な感想を持ってくれたようで非常にうれしく思いましたし、横手の人口減少対策については、農業の活性化や地域での世代間の支え合い、そして魅力発信など様々なことを考えてくれていました。私が小6の頃を思えば、頼もしいかぎりです。

 収録されないフリートークの時間では「どうして議員になったんですか?」という質問があり、三者三様飾りのないぶっちゃけ理由を展開しました。話しながら、最初に立候補した時の初心に戻ることができました。

 浅舞小に続いて、小学生と「議会」というテーマで触れ合うことができて楽しかったです。人口減少、現実を考えればなかなか難しい部分があります。けれども、子どもたちが大人になって地元に残っても、外に出ても、横手のことをずっと好きでいてくれること、想ってくれること。それがあれば、きっとこの地域は持続できる。そんな気がします。このような機会をいただいて感謝です。

カテゴリー: 未分類 | 植田小ゲストティーチャー はコメントを受け付けていません。